oh! my ブログ

2018.04.18

宿泊費が高騰するミラノデザインウィーク中のミラノ滞在は「Airbnb(エアビ)」が便利でお得!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日の「世界最大の家具見本市ミラノサローネ ・ミラノデザインウィークを心置きなく楽しむための5つの方法!」の記事でも書いたけど、ミラノサローネ・ミラノデザインウィーク中のミラノ滞在は出費が嵩む。

ミラノサローネやミラノコレクションの期間中は、世界中から多くの人が集まるので、何でもないホテルが普段の5倍くらいの値段に跳ね上がるし、ドミトリー宿とかでも1泊¥5,000くらいする。

そんなときにオススメなのは、「Airbnb(エアビ)」、いわゆる民泊だ。

 

「Airbnb(エアビ)」が便利でお得!

まず、ホテルほど法外な価格にはなっていないし、数人でシェアすれば1泊¥3,000~¥5,000くらいで済む。

それに1週間も滞在して毎回外食は大変なので、キッチンなどが付いているのでスーパーマーケットで食材を買って自炊すると節約できるし健康的だ。

写真は今回滞在中に料理して食べたラグーのパスタ。

それにだいたいはWifiがあって、テーブルや机があるので部屋で仕事も捗る。

自宅で暮らすように滞在できるのでオススメだ。

 

ミラノ郊外の至れり尽くせりの部屋

今年泊まったのは、ミラノのトルトーナ地区からバスで40分くらいの部屋だ。

宿泊場所を抑えるのが2月になってからになってしまったので、残っている部屋が少なかったからだ。

ただ、遠いと言うデメリット以外は全然良かった。

1LDKの部屋は広いし、Wifiも早い。

テーブルもあるので仕事も捗った。

NETFLIXもあるし、プレステもあって、家としては自分の家より快適だった(笑)

郊外なこともあってゆったりした部屋のつくりだ。

キッチンの設備や備品も充実。

冷蔵庫の中のビールやワイン、食べ物などは全部飲み食いして良いとのことで、至れり尽くせり!

オーナーさんのおもてなしが素晴らしかった。

3人で8泊して約¥120,000、実際は違うけど単純計算で1人1泊¥5,000。

 

去年宿泊したバスでドーモまで20分と便利な部屋

昨年宿泊したのは、ドーモやガッレリアがある中心地からバスで東に15分ほど行った住宅街の部屋だ。

オーナーさんがインテリア関係の仕事をしているらしく、センス良くセレクトが良い部屋だった。

それほど広くはないキッチンだが、一通り設備が揃っていて、滞在中は困ることもなかった。

寝室も広くて明るい。

2つの寝室がある2LDKの部屋で、エキストラベッドとソファベットで計4台のベッドがある。

こう言う机は仕事するには嬉しい。

4人で3泊して¥63,000、1人1泊¥5,250だった。

 

来年ミラノサローネ・ミラノデザインウィークに行くときも「Airbnb(エアビ)」を使うことになると思う。

今年は予約するのが遅すぎて中心部から遠かったので、来年の部屋は年末にしてしまってトルトーナやナヴィリオ運河あたりに泊まりたい。

いずれにしても、ミラノサローネ・ミラノデザインウィーク中にミラノ滞在を考えている人は、早めに予約した方がいいのは確かだ。

コメントを残す

2018-04-18 | Posted in イタリア |キーワード : No Comments »  | 25 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。