oh! my ブログ

【驚愕】知っていますか?青森県には平均年収1,300万円の村「六ヶ所村」があることを。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Rokkasho_2参照 : Wikimedia.

知ってる人も多いとは思うけど、青森県には平均年収1,300万円の村というのは、2011年の東日本大震災の時に起こった福島の原発事故で注目が集まった、使用済み核燃料再処理工場がある「六ヶ所村」だ。

 

青森県内で1人当たり所得が1367万円で7年連続1位

青森県が発表した2012年度の市町村民経済計算によれば、1人当たり所得が1367万円で7年連続で県内1位だ。

人口25万人程の青森市や八戸市、人口17万人の弘前市といったの都市部よりも1人当たり所得ベースで見ると多いということだ。

 

豪華な公共施設が数多く建つ

六ヶ所村には小さな村としてはかなり豪華な音楽ホールや温泉保養施設、立派な小中学校がある。

六ヶ所に住めばこういう施設を利用できるし、子供を環境が良く良いし施設で育てられるという訳だ。

 

補助金や原発マネーが村民の収入に

原子力発電所を誘致すると原発交付金のように再処理工場を誘致したことによる巨額の補助金、自治体に入る再処理工場の固定資産税によって村が潤っている。

その村に入ったお金が農家のハイテク機器のための補助金としてバラまかれたり、再処理工場や関連施設の雇用としてお金が村民にも渡ることになる。

 

2兆円以上のコストをかけても稼いだ額は0円の再処理工場

六ヶ所村の再処理工場は2012年時点で2兆2000億円以上かかっているが、福井の高速増殖炉もんじゅがトラブル続きで運転していないし、この再処理工場自体もトラブルなどにより運転していない。

それでもランニングコストはかかっていくし、運転していなくても自治体にお金は入り、村民にもお金が流れる。

最も現在試運転中だが、実際に運転していまえば稼働している原発と同じように廃止するのに多額のお金と長い年月が必要になるのだが…

 

原発より危険な再処理工場を不適切な場所に設置

この使用済み核燃料再処理工場は原子力発電所以上に放射性物質を放出するし、扱うものもMOX燃料など高濃度で危険な物質であるから危険だ。

この六ヶ所村は八戸市に近いし地震も度々起こるし、太平洋側にあるから昔の十勝沖地震や3.11のように津波に教われる可能性もある。

それに米軍基地がすぐ近くにあるから、実弾演習場や戦闘機事故もないとは言えないし、テロに巻き込まれることもあるかもしれない。

何年か前に北朝鮮からテポドンが飛んで来たのもこの辺だ。

 

3.11後も核燃料サイクルを進める

o0800060012397453431

上の写真は2013年の正月、地元紙「デーリー東北」の各首長に対しての原子力政策に関するアンケート。

六ヶ所村は3.11後もこれまで通り「核燃料サイクル」を指示して行くそうで、村長はもちろん村民のほとんどが同じ考えだ。

六ヶ所村以外の自治体で反対するところも多いが、六ヶ所村の中ではあまり反対する人はいないようだ。

 

 

まとめ

いかがでしょう、住みたくなりましたか?

自分としてはいくらお金をもらっても原発や再処理工場が自分の街にあるのは嫌だし、正直地元の八戸市とは距離的には比較的近いからやめてもらいたいと思う。

そもそも自分達では何も考えず国からお金をもらって危険な施設を誘致するのが利口な選択とは思えないんだが…

やはり、補助金や無理矢理公共事業で雇用を生み出すようなやり方だとイノベーションはおきないし、政治家や官僚手動になって住民自体が考えなくなるからロクなことにならない。

もちろん六ヶ所村だけではないんだけれど、住民が主体的に考えていく方が豊かな暮らしになると思う。

コメント28件

 yamamotomakoto | 2016.10.08 14:32

お前は住みたくないんだから、たんまり金もらってても文句言うなよ

 大前 洋輔 | 2016.10.08 23:05

全然意味分からないですね。
自分の頭の中の変な想像だけで文句言うなよ
って感じですかね。

 t池田 | 2016.12.23 18:54

六ヶ所村の人たちに失礼ですね。

 大前 洋輔 | 2016.12.24 9:55

そうですね。

 ケンミン | 2017.03.11 19:10

まぁ、交付金ジャブジャブで金持ってるって言うのは事実だろ、平成の大合併でも自分達の取り分が減るのが嫌で合併しなかったのは明らかなんだしw
同じ県内だけど正直六ヵ所は軽蔑してるよ。
なにかしらの事故あって住めなくなっても絶対文句言うなよって思ってる。
あいつ等ならすぐに被害者面して来ると思うけどww

 大前 洋輔 | 2017.03.11 19:22

そうですね。
今からでも辞める勇気を持って欲しいですけどね。

 たかはた | 2017.04.03 1:35

1,300万円は平均年収ではなく、市町村民所得です。
http://www6.pref.aomori.lg.jp/tokei/catdate.php?syori_no=4&key1=%BB%D4%C4%AE%C2%BC%CC%B1%BD%EA%C6%C0&key2=
にあるエクセルの表を読む限りでは、
人口一人当たり市町村民所得は、雇用者報酬、財産所得、企業の利潤等の合計を総人口で除したものであり、市町村経済全体の所得水準を表す有効な指標であるが、個人の所得水準を表す指標ではないので、利用にあたっては留意されたい。
と書かれてますよ。

 大前 洋輔 | 2017.04.04 13:31

そうですね。
逆に年収ではなく所得ってところがすごいな、と。
再処理施設は運転してないのに…

 田中 | 2017.08.14 22:04

つまりないものねだりのやっかみか

 大前 洋輔 | 2017.08.15 10:03

やっかむものが全然ないんですよねー。

 ホワイト | 2018.01.30 0:04

今更こんな風に書かれても。。
六ケ所に施設を作る是非を問う時に、村や町、県を二分したし、激しい抗議行動があったし、毎日毎日ニュースで流れてた。当時青森に住んでた自分も(もちろん)そんな人の手に負えないようなモノは絶対いやだった。でも、先人たちは苦渋の決断の上でそれを受け入れた。村の未来を推し量ったことは容易に推察できる。
そして施設ができた。もちろん、反対はまだあった。雇用が生まれた。今も雇用は続いている。
それで地元が金を受けてなにが悪いの?青森に押し付けたのは当時の政策だ。稼働していないのは住民のせいじゃない。
もし、いまだに六ケ所や周辺自治体が貧しそうに見えているなら、それは当時の政策の失敗であるといえる。

 大前 洋輔 | 2018.01.30 0:31

昔のことだけ書いてるわけじゃないんですけどね。

確かに当時は今と比べ物にならないくらい中央政権の力が強く、それを翻すのは容易にではないと思う。
但し、今この瞬間から変えていこうとならないのは疑問だし、311後に全て政策の失敗だと言い切って正当化するのは愚かだと思う。

それは、社会学者の宮台真司が言う「任せてブーたれる」だけの愚民だと言うことになる。

 Futoshi to | 2018.01.30 17:33

補助金とか迷惑設備の恩恵とか外部の方からの視点で地域住民が同じポジションで捕まえられてる事に違和感を感じるのは住民になって見ないとわからない事でしょうね。質素な生活と立派に見える箱物の接点が無い住民も居ます。なかなか一括りで語るのは難しい事です。

 大前 洋輔 | 2018.01.31 8:55

そうですね。住民の中でも色々な分断がありそうですね。

 オッサン | 2018.03.21 3:22

大前さん、一つ一つのコメントに丁寧に返事、ご苦労様です。
文句、批判等は誰でも言えます。
政治家たちもそうですが、反対したりするのは簡単です。
ですが、反対するからには代替案を用意すべきです。それさえなく、ただ反対では何の解決にも繋がらないからです。
わたしも基本的に3.11でひと度、事故が起きればこんな危険なものはないと思うし、反省して脱原発が正しい方向性だと思います。
けれど、原発に関わる人達の生活等、直ぐに解決出来ない部分もあるかと。
そして大きな利権が絡んでおり、そのために何人もの人が死んでる。
こういう闇の部分が一番の問題。
原発によって懐を潤す一番の人物は六ヶ所村住民ではなく、見えないところで巨額の富を得ている権力者がいる筈。
そういう輩を表に引っ張り出すことが急務だと思います。

 大前 洋輔 | 2018.03.21 17:54

コメントありがとうございます。
もちろん今すぐ何とかなることではないですが、村民の意識次第で少しづつでも良い方向に行くかと。
闇の中の巨悪に罪を着せるのは簡単ですが、タテマエ上でも民主主義なので有権者の総意としての現状なのではないでしょうか。
残念ながら僕は村民ではないですし、地元八戸からも離れてしまっているので部外者なのが残念ですが…

 happa | 2018.09.06 19:29

「闇の中の巨悪」って具体的にどこのどういう人なのですか。
取材や調査をしてそういう人がいるということにたどり着いたのですか。それとも単なる想像の人なのでしょうか。
私は青森市民ですが、こう思っています。この道を選んだのは六ヶ所村民である。そして村の存続のため、他にどんな道があったというのか。具体的に示していただきたい。また反対派の人たちは現状を打破しようと、一泊でも六ヶ所村に泊まり村にお金を落としたことがあるのか。と。「村民の意識次第で少しづつでも良い方向に行くかと。」とは全部村民に任せるということですよね。またいい方向とはどんなことでしょうか?これも具体的に示して頂けますか。

 大前 洋輔 | 2018.09.08 16:55

1.「闇の中の巨悪」って具体的にどこのどういう人なのですか。
前のコメントの「見えないところで巨額の富を得ている権力者がいる筈」に対する比喩表現を使った反論です。
2.いい方向とはどんなことでしょうか?
思いつくのは、起業して産業を作る。
もっとも再処理施設が誘致された当時は難しいこともあったかと思いますが、現在ならできるはず。

 happa | 2018.09.09 20:38

1.つまりは空想のお話ということですね。「筈」という誰かを悪人したい希望的自己満足ですな。
2.六ヶ所村に、「どんな産業」を起こすんですか。「起業して産業を作る」ことは誰でも言えますよ。少なくとも概要だけでも答えていただけますか。
3.現在ならできるという根拠は?

 大前 洋輔 | 2018.09.09 23:33

返信ありがとうございます。
1.そもそもオッサンさんのコメント「見えないところで巨額の富を得ている権力者がいる筈」への反論ですけどね。
それは僕にではなく、オッサンさんに聞いてみては。
2.どんな産業でも良いと思いますが。
そもそも自分が概要を答える必要があるのかわかりませんけど、
例えば、初期投資が少なくて済むのはITですよね。
WEBメディア開発でも広告運用、WEBマーケティング、なんでもありますよね。
お酒やお茶、コーヒーでも、あるいは野菜やお肉、魚介類でもブランド化して全国に売るとか。
ありきたりですけど、後はやるかやらないかの問題なので。
3.インターネットがあることと、移動コストが下がったから。
説明必要ですかね。
単純に昔は何を知るにもコストがかかったけど、
インターネット上で情報が手に入るし、
海外にも簡単に行けますし。

 happa | 2018.09.10 20:40

そんな小学生が答えるようなこと言われてもなぁ。。。。どんなものでもいいわけないでしょ。ネットができて移動コストが下がっただけで今ならできると言うのなら、日本全国どこでもやってるわ。それじゃすぐ倒産だわ。デザイナーですよね。ブランディングもマーケティングもわかりますよね。あなたはこの町をどうにかしたいんだが何をやったらいいと思いますかと聞かれて、「どんな産業でも良い」と答えるのですか。それでもプロですか?ちなみにお茶もコーヒーも六ヶ所村じゃ作れないことは知ってました?
六ヶ所村を批判する人たちはいつもこうだ。六ヶ所に愛情もない、心配もしていないくせに、さも六ヶ所のためかのようなもの言いをする。原子力憎しで六ヶ所をダシに使う。もし再処理工場ができなかったら見向きもしなかったでしょ。そして村が超限界集落になっても手を差し伸べるつもりはサラサラないでしょ。代案を聞けばあなたのような答えばかり。何も考えていない。六ヶ所の人たちだって自分たちが生きるのに必死だったと思う。だから村を二分する争いになって、再処理工場を受け入れることを決めた。それを誰が責めることができるのか。助ける気もないなら黙って見ているべきではないか。もういいです。考えもない運動家に聞いた私が馬鹿でした。

 大前 洋輔 | 2018.09.10 21:12

そうですね、非常に馬鹿だと思います。
そもそもネット上で匿名の誰ともわからない人のためにビジネスプランを提供するプロはいないでしょう。
記事の中でも言ってますが、住民が主体的に考えていくことが重要です。
happaさんのように馬鹿で、しかも主体的に行動しないような人ばかりであれば、そもそも無理ですよね。
例え馬鹿でも「これをやりたい」「こうやったらみんな喜ぶ」みたいなことで行動すれば、少しずつでも変わると思います。
旅に出て世界中を見てみたら色々分かると思いますよ。

 山本真 | 2018.09.29 21:03

村人が考えろwwww
そんなの思いつくならどの村も億万長者だwwwwwwwwwwwwww

 大前 洋輔 | 2018.09.30 8:43

当事者が考えなければ意味がない。
そして価値観がお金しかないから文化的水準が低くなる。

 山本真 | 2018.09.29 21:04

なんだ?書き込めねえぞ

 大前 洋輔 | 2018.09.30 8:43

書き込めていますよ。

 原発どうしよう | 2018.10.11 16:01

首長になって変えてやろうとかは思わんわけ?

 大前 洋輔 | 2018.10.11 19:58

僕自身は思わないですね。
1.六ヶ所村自体に所縁がないこと
2.政治家という職業ではないこと
が主な理由です。

コメントを残す

2015-09-07 | Posted in 政治・経済・社会, 環境 |キーワード : 28 Comments »  | 51,172 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。