oh! my ブログ

コロナ渦中・後に自民党・安倍政権やそのクズな支持者が引き起こす日本の最悪の未来とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本来なら今ミラノデザインウィークでイタリア・ミラノにいるハズだったんだけど、新型コロナウイルスの感染拡大でミラノが封鎖になって、サローネも今年は中止。

その後、次々と欧米各地、アメリカでもロックダウンになって、日本でも3月24日の東京オリンピック延期の決定以降、感染者数が増加。

4月7日に東京や神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡を対象に緊急事態宣言が出され、16日には緊急事態宣言が全国に拡大された。

普段は旅行ばっかりで政治や社会、経済のこと全然書かなくなっていたけど、全く移動しなくなったので久しぶりに書いてみる。

日々ニュースやSNSではネガティブなことばかり目に入ってくるので、敢えてネガティブな可能性について吐き出しておく。

 

露呈する社会の弱さと日本政府の無能さ

もちろん新型コロナウイルス自体も怖いのだけど、それ以上に恐ろしいと思ったのは社会の脆弱性と日本政府の無能さだ。

致死率の高いエボラ出血熱のような名前を聞くこのも恐ろしいウイルスではなく、ワクチンや特効薬のない致死率の比較的低い今回のコロナのようなウイルスは社会の脆弱性を露呈させた。

肝心の感染者に対しては感染症に対する病床数を増やしたり、少なからず重症化してしまう患者さんのために集中治療できる設備を拡充したりするしかないので最近の医療技術が必要というより、医療インフラそのものを破壊しているようだ。

1月15日に国内初の感染者が見つかってからもう3ヶ月は過ぎたけど、日本政府は病床の確保やマスクなど医療用備品の備蓄など後手後手に回っているように思える。

 

コロナ渦中または後に安倍政権やその支持者が引き起こす惨劇

証明はできないけれど、東京オリンピックをやりたいがために新型コロナへの対策が遅れて、今でもPCR検査が少な過ぎて正確な感染者数がわからなくなっている可能性が高いし、感染経路がわからない人が多いのは事実。

思い起こせば、2月のダイアモンドプリンセス内でのお粗末な区域分けや下船者を公共交通機関で帰宅させるなど、医療関係者ではない人から見ても正気の沙汰とは思えない対処から始まったように思う。

その後の自粛要請に合わせてお肉券やお魚券(批判を受けてか無くなったけど)、カビや虫が混入した「アベノマスク」など本当にお粗末な対応は続いている。

 

1.政治によって崩壊する医療

そもそも安倍政権、公文書を廃棄するなど「事実」や「数字」を軽視する。

安倍首相は、PCR検査を1日に2万件できる体制を作り、人工呼吸器1万5千台確保すると言ったけど、実際のPCR検査が増えているようには思えないし、人工呼吸器がどこにどのように導入されているかもわからない…

もちろん何でもかんでも闇雲にPCR検査を増やす必要はないのだろうけど、アベノマスク同様に「やってる感」だけで実際は何も増えてません、なんてこともありそう。

医療の現場から」「医療の現場から②」などを読むと、医療関係者の方々が戦ってくれている中で、政治の無策による医療崩壊が既に始まっているし、これからも加速しそう。

さらに安倍政権が今回の公文書を例によって破棄してしまうと、後世の社会が2020年を総括して、未来に活かせないくなるかも…

 

2.保証なき自粛の要請で増悪する経済

緊急事態宣言は5月6日までだけど、ワクチンができるまで通常18ヶ月と言われていて、治療薬が完成するまで収束することはない。

それまで経済活動を自粛していては、コロナによる死者数よりも景気悪化による自殺者の方が多くなる可能性は十分にある。(日本では失業率が1ポイント悪化すると自殺者が1000人以上増える傾向がある)

ドイツの市民が「コロナ対策」に、こんなに満足しているワケ」などを読むとわかるけど、世界各国が自粛と引き換えにお金を出したり、ベーシックインカムを検討したりしているが、そんな中でも日本政府は保証を渋る!

最初に手厚い保証をして、国民に「STAY HOME」してもらって一気にコロナを封じ込めておいた方が、どの企業も個人も働いてお金を稼ぐしかない…

政治家の利権が入っているだろうお肉券やお魚券の話は批判で無くなったようだけど、ようやく実現したのは受け取る条件が厳しかったり、3蜜を避けろと言いながら役所に出向かなければいけなかったりと問題ある保証と、1人10万円の給付。

安倍首相自ら「休業に対して補償を行っている国は世界に例がなく、わが国の支援は世界で最も手厚い」と言ってしまう始末…

誰がどう考えても5月6日で自粛が終わる訳ではなく、こう言ったことが繰り返すので10万円の給付だけだと中途半端な自粛になる。

失業する人が急増するし、倒産する企業も今まで以上に多くなって、全人口の10%、20%の失業者だけでは済まなくなるし、考えるだけでも恐ろしい。

アメリカから5年間で27兆4700億円という兵器爆買いするお金や青天井の辺野古新基地のことは閣議決定で無理矢理実行するのに、消費税の撤廃や国債の発行の話は全然進まない…

延期したオリンピックの日程はすぐ決めたのに、いつも「検討している」とか「考えを示した」とか「やってる感」だけで日本を経済的に焼野原にするのは日本政府だ。

 

3.自己責任や自業自得論、差別が横行する

現時点でも仕事がなくなったり、解雇されたりと失業する人が増えているけど、それを「フリーランス」を選んだ自分が悪いだったり、倒産するような企業に就職するような人が悪いと言った自己責任や自業自得論を言う人が一定数いる。

残念だけどコロナ渦が少しでも長引けば、大企業ですら倒産の危機になってそうも言っていられなって自己責任が自分にブーメランになって返ってくる。

これからは「人を許せない」気持ちが増幅していく/脳科学者・中野信子さん」にも書いてある通り、不安な状態が続くとその不安要素を持つ他人を「許せない」と考えて攻撃する。

自分の不安を外部化して安心を得ようとする宮台真司氏が言うところの「クズ」とも思える。

実際、新型コロナ感染者の数が0だった地域で初めての感染者を「ウイルスを持ち込んだ敵」として叩く人たちがいたり、そう言った人や家族を村八分にしたりと制裁することを正当化する現象が見られた。

実際はPCR検査をしていないだけで少数ながらも感染者はいると考えた方が自然なのだし、いづれ治療薬やワクチンができるか日本人の多数が感染しないと収束しないのに…

「〇〇な人は〇〇だ」と言う定型文はあまり好きじゃないけど、そもそも今回のコロナ感染者や社会的弱者が不幸な目に会うのを自業自得ってする人や許せない人は、他者への想像力や優しさが足りないと思う。

優しさを持たない感情の劣化してしまった人は、「こうなったのは誰のせいなのか?」と弱い者や攻撃しやすい対象を「正義」と勘違いして差別し始める。

新型コロナウイルスを差別的な「武漢ウイルス」と呼ぶ人もいるし、最前線にいる医療関係者を差別する人もいる。

ペストの歴史から見るとこう言った「差別」が横行するかも知れないし、自分が感染したらブーメランとして返ってくる。

 

4.世界大恐慌とさらに沈む日本

新型コロナウイルスに国境や人種は関係ないので、パンデミックを世界恐慌が訪れるのは必至だろうと思う。

早急に感染拡大を抑制できた隣国の韓国と台湾が国際的な評価が爆上がりするのに対して、東京オリンピックを開催したいがために感染を拡大させ、さらに経済政策も失敗する日本は国際的な信用を失うだろう。

その結果、世界的な経済回復からも乗り遅れることになるし、既に収束に向かう東南アジアの国々にすらあっという間にその地位を奪われ、外貨を稼げないと海外から資源の輸入もままらなくなる。

 

5.憲法改正と戦争、そして敗戦

内田樹の研究室『コロナ後の世界』」にもあるように、もともと憲法改正を目標としている安倍政権は、今回の非常事態宣言の弱さを憲法上の問題にして、一気に改憲に持って行ってしまう危険性がある。

さらにナチス・ドイツが世界大恐慌を引き金に台頭したことを考えると、女性差別や外国人差別を助長するような差別的な人達が支持する自民党・安倍政権がドン底の日本経済でさらに不安を煽って、改憲された憲法を元に戦争を起こす可能性だって無くはない。

そして、コロナ渦の中で危機対応も「やってる感」の精神論だけで乗り切ろうとする日本政府が引き起こす戦争は、第二次世界大戦・太平洋戦争と同じく「竹槍で戦車に突っ込む」ような作戦で敗戦になる。

 

細かい説明は大分端折ったけど、マジで出かけたり、友達と会ったりできないと鬱になりそうなので、ネガティブなことを乱暴に書き出すとこんな感じかな。

流石に戦争とかは行く前に止められると思うけど、どれも本当絵空事であって欲しいし、リモートワークが進んだり、役所のデジタル化が進んだりと逆にポジティブなこともあるから、次回はポジティブなこと書くよ!

早く友達とかで集まって飲みたいよね!

コメントを残す

2020-04-24 | Posted in 政治・経済・社会 |キーワード : No Comments »  | 489 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。