oh! my ブログ

様々な広告や映画でも使われたルイス・バラガンの名作「サン・クリストバルの厩舎」が美しい。

泊まっている日本人宿からUBERで車を呼んで向かったのは、メキシコシティ郊外にあるルイス・バラガンの名作「サン・クリストバルの厩舎」だ。

途中、ハイウェイ沿いに建つ「サテライトタワー」にも立ち寄り、ルイス・バラガン三昧だ。

相乗りのUBERで約50分で到着。

ロス・クルベスというゲーティッドコミュニティになっている高級住宅街にあり、通行許可証がないと入ることができない。

 

エゲルシュトーム家の厩舎(きゅうしゃ)

白い住宅はサン・クリストバル厩舎(きゅうしゃ)の所有者であるエゲルシュトーム家のものだ。

エゲルシュトーム家の人が現在も使用されているこの厩舎を管理していて、見学も好意で行っているのでメールで予約する必要がある。

見学には1つのグループ毎に1,500M$かかる。

エゲルシュトーム邸もカラーは白いがフォルムがサン・クリストバル厩舎に合わせてデザインされている。

 

現在でも使われている美しい馬たちの厩舎

メキシコの青い空に現職のピンクが映える壁で構成されている空間はフォトジェニックで美しい。

そのコントラストが素晴しく、灼熱の砂漠にいるような熱量と乾いてひんやりした印象の2つが混在する。

周囲を取り囲む壁によって隔離するように作られている。

馬のための厩舎なので、馬の身体スケールに合わせて設計されているらしく不思議なスケール感を味わえる。

だだっ広い空間には馬のための仕掛けや大きな木があり、広い空間にさらに奥行きが感じられる。

 

馬たちのオアシスになる池と噴水

中央には馬たちのオアシスになる池と噴水があり、空の青さを映し込んで豊かな色彩にまた色を一つ加えている。

 

ルイ・ヴィトンの広告やキューピーマヨネーズのCMでも使われた

メキシコの強い日差しが、砂漠のように乾燥した空気の空間に美しい陰影を作り出していた。

原色使いの壁にハッキリとした影というコントラストがルイス・バラガンらしさだろう。

このフォトジェニックなピンクの壁はルイ・ヴィトンの広告や福山雅治が出演したキューピーマヨネーズのCMなどでも使われていて、見覚えのある人も多いのでは!?

 

居心地が良さそうな厩舎

もちろん人間ではなく馬にとってだが、居心地が良さそうに作ってある厩舎棟は落ち着いた綺麗なデザインが施してある。

馬主用の休憩室は資料館にもなっている。

家具はすべてバラガンのデザインなのだそう。

サン・クリストバルの厩舎 Cuadra San Cristobal – Los Clubes

電話 : +52 55 5402 2021
URL : http://www.barragan-foundation.org
予約メール : cuadrasancristobal@gmail.com
住所 : Cda. Manantial Ote. 20, Mayorazgos de los Gigantes, 52957 Cd López Mateos, Méx.,

 

ロス・アマンテスの噴水

この住宅街には同じくルイス・バラガン設計の「ロス・アマンテスの噴水」もある。

この日はメンテナンスの日だったので水は流れていなくて残念。

 

ついに、1980年にはプリツカー賞を受賞したメキシコの巨匠「ルイス・バラガン」の作品を見ることができてとにかく感激だった。

馬のための建築でありながら公園のようでもあるのでゆっくりとした時間が流れる空間だったように感じる。

そして、とにかくルイス・バラガンらしい光りと色彩が素晴しかった。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。