oh! my ブログ

フランス・マルセイユは旧港の雰囲気が良くて、再開発も進む!居心地が良い港町だった!

Pocket
LINEで送る

TGVで20:30にリヨンを出てだいたい23:00くらいに南仏の港町「マルセイユ」に到着。

夜遅くに治安が悪いと言われている南仏の街に着くのは結構怖いもので、駅を出てメトロに乗るところからホントどきどきだった。

ちょっと迷ったけど無事に予約していたユースホステルに辿り着いた。

その日は寝て、次の日から「マルセイユ」の街を歩いた。

 

旧港の風景が美しい

_MG_9086

丁度天気も良くて地中海性気候ということもあり暖かく、パリやリヨンではコートが必要だったのだけど、この街ではお昼は半袖でも大丈夫なくらい。

_MG_9070

観覧車もある旧港には船がいっぱい。

_MG_9073

多くの人で賑わう旧港の広場にある大きな屋根はノーマン・フォスターの設計。

_MG_9075

午前中に行くとここで地元の人達が魚介類を売っていて、小さいマルシェが開かれていた。

_MG_9076

小さいマルシェだけど地元の人達の笑顔が絶えず、活気がある。

_MG_9079

買うとその場で捌いてくれる。

大体一家で出店しているお店が多いみたい。

_MG_9082

この旧港にいるとCOCCOの「強く儚い者たち」の中の「港」はこういうイメージなんじゃないかなと思ってしまった。

何となく懐かしくなってApple Musicで探して聞いていた。

_MG_9083

そのくらいイマジネーションを掻き立てられる美しさと雰囲気があった。

_MG_9084

海も澄んでいて綺麗で南仏に来た実感が沸く。

_MG_9088

旧港沿いにはオープンテラスのレストランがいっぱいで賑わう。

 

現代的な建築が建つ再開発地域

IMG_7292

港の湾になっているところを抜けて新しく再開発されている地域に来てみた。

IMG_7293

マルセイユに2013年にオープンしたばかり博物館「ヨーロッパ地中海文明博物館」通称「MuCEM」はサン・ジャン要塞から一本の橋で繋がっていて、海上に浮かぶように建つ。

IMG_7312

コンクリートでできた透かし模様のカーテンウォールがファサードを覆う新しいシンボルになっている。

IMG_7313

この日はたまたま無料開放日だったのでラッキー!

IMG_7316

透かし模様のファサード沿いにスロープが回っていて、ここから海を感じながら歩くと気持ちいい。

IMG_7322

まるで海の中から海面を見ているような陰影ができる。

IMG_7326

透かし模様のコンクリートは屋上まで施されていて南仏の強い日差しを柔らかくする。

IMG_7327

屋上からサン・ジャン要塞へは空中通路で結ばれている。

MuCEM

ヨーロッパ地中海文明博物館

営業時間 : 11:00~18:00
休館日 : 火曜日
URL : http://mucem.org
住所 : 7 Prom. Robert Laffont, 13002 Marseille, France

IMG_7295

たまたまあまり展示とかはされていなかったようだが、この大きなキャンチレバー(片持ち構造)の建築も博物館。

IMG_7294

岸壁と境がないから海に浮かんでいるよう。

IMG_7308

エントランスホール。

IMG_7299

これは隈研吾氏設計の建築だが、この日は閉まっていた。

IMG_7297

海岸沿いのショッピングセンターは既存の建物をリノベーションしていて、古いものとモダンなデザインが共存すしている。

特に海をイメージしたかのようなこのホールが綺麗だった。

 

しばしば南仏マルセイユは治安がすごく悪いと聞いていたけれど、旧港のあたりは全然そんなこともなく安心して過ごせた。

観光で訪れる場所はそれどほ多い都市ではないが、気候も雰囲気もいい感じだし、大好きな街バルセロナにも通じるところがある気がして気に入った。

多分何もせず1週間くらい過ごすのもいいかなと思わせる魅力があってオススメできる場所だった。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

2015-11-16 | Posted in 建築・都市, フランス |キーワード : No Comments »  | 827 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。