oh! my ブログ

フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルトが手掛けた建築がいっぱいの「ユヴァスキュラ大学」内を散策。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユヴァスキュラに到着して、初日は「タウンホール」など市の中心部にあるアルヴァ・アアルトの建築を観て、宿にチェックイン。

そのままずっと仕事をして寝ただけだった。

次の日は早起きして近所にある「ユヴァスキュラ大学」へ向かった。

 

アルヴァ・アアルトが手掛けた建築がいっぱいの「ユヴァスキュラ大学」

フィンランド国内で最も人気がある大学でもある「ユヴァスキュラ大学」には、アルヴァ・アアルトの建築がいっぱい。

レンガの外装はフィンランドの伝統的なデザインって感じだけれど、大きな開口部やハイサイドライトなどはアアルトらしさがある。

朝日に照らされて綺麗だった。

キャンパス内を歩くと、モダンでありながら落ち着きと暖かみが感じられる。

フォトジェニックなスポットがいっぱい。

渡り廊下からキャンパスのメインビルディングへと入るとトップライトから自然光が入る明るい3層吹き抜けの空間へ。

キャンパス内は色々な場所があっておもしろい。

ホールへとつながるホワイエのような空間はガラス張りで周囲のフィンランドらしい森と一体感があって心地いい。

白い空間に「マイレア邸」などでも見られたルーバー付きの階段はいかにもアアルトらしい。

単純な矩形でなく括れがあったり、広がったりしているので意外に複雑さを感じる。

職員が朝食を取っているカフェは、ちょうどテーブルとお案じ高さに半地下のようになっていて森がより近く感じる。

こういった寸法の扱いが丁寧なのがアアルトだと思わせてくれる。

天井の高さも変化に飛んでいるし造作家具や「artek(アルテック)」の家具など木を使ったインテリアは好印象。

あまりフィンランドの料理がわかんないけど美味しいことは確か。

講堂ホールも曲線と幾何学が混在しておもしろい。

 

フィンランドの森に溶け込むアアルト建築

その後もキャンパス内を散策。

森と溶け込むように建築が建っている。

平屋の食堂がまたかっこいい。

中は「オタニエミ礼拝堂」のような架構とハイサイドがリズム感があっていい感じ。

レンガに木枠のサッシとどこもアアルトの赤い建築ばかり。

特に木も合わせた混構造で外観自体もおもしろい。

ル・コルビュジエやミースのように完全なモダニズム建築というよりもフィンランドの伝統的なものとモダニズムが混在しているような雰囲気。

全部中入って見たいけれど、中に入れる建築は限られる。

キャンパス内を自由に行動できるだけでもありがたいけど。

新しく最近建ったものもあるけれど、ほとんどがアアルトの設計らしい。

 

建築やインテリア、家具までアアルト一色のスポーツ会館

奥にある白い建物は、もちろんアアルト建築でスポーツ会館。

中に入ると白い空間に木の什器が配置していある綺麗な空間が広がっていた。

同じくユヴァスキュラにある「タウンシアター」にも似ている。

大きな電話機があったであろう場所もアアルトらしいデザインでかわいい。

ここも台形のような平面になっていて、外観で見たときよりも広がりがある。

食堂やカフェになっているところにはもちろん「artek(アルテック)」の家具が使われていて、とても馴染んでいた。

2階フロアに上がると丸くくり抜かれたトップライトからの自然光で明るい空間が現れる。

照明も連続する丸いダウンライトでリズム感がある。

全体的に白い空間なので照明や自然光が反射して透明感が感じられる。

丸くくり抜かれたトップライトと共に円形の連続する照明がかっこいい。

2階も台形のような平面で奥行きが感じられる空間になっている。

 

アアルトがデザインした市民プールでスイミング!

朝シャワー浴びるよりも効率的と思って、泳いでそのままシャワー浴びてしまおうと思ってキャンパス内にある市民プールへ。

もちろんこの建築もアルヴァ・アアルトの設計。

ラウンジスペースなんかもアアルトの家具がある。

アアルトの建築で泳ごうと思ってプール行ったけど、塩分のある海だと浮けるので泳げるけどプールだと沈むから泳げない…

そしてフィンランド名物のサウナもあったのでリラックス。

プール内の食堂も北欧デザインって感じでかっこよかった。

 

アルヴァ・アアルトがデザインした建築がいっぱいある「ユヴァスキュラ大学」は、アアルトの公共建築での良さがすごくよく分かる建築で楽しかった。

キャンパス内は自由に出入りできるので見学もしやすいからおすすめだ。

Jyväskylän yliopisto – ユヴァスキュラ大学

住所:Seminaarinkatu 15, 40014 Jyväskylän yliopisto, Finland

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。