oh! my ブログ

慶良間諸島・阿嘉島でシュノーケリング三昧!今回のニシバマのケラマブルーが綺麗過ぎて超感動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

阿嘉島滞在の初日、2日目とダイビングでケラマブルーの美しさに改めて感動。

3日目は午後にお隣の座間味島に移動する予定なので、それまでシュノーケリングして遊ぶことにした。

前日一緒に阿嘉島滞在している人が、真謝ビーチでウミガメを10匹くらい見たというので、真謝ビーチでウミガメ探索。

流石に10匹は見られなかったけれど、1匹見つけて一緒に泳ぐ。

今のところ真謝ビーチでのウミガメ遭遇率は100%。

真謝ビーチやニシバマを含めて阿嘉島のビーチの紹介はこちら。

慶良間諸島の阿嘉島は綺麗なビーチがいっぱい!ニシバマなどケラマブルーを体験できる7つのビーチ。

 

ニシバマ展望台から絶景のニシバマを眺める

真謝ビーチでシュノーケリングした後は、ニシバマへ移動。

実はニシバマ展望台に登ったことがなかったので、長い階段を汗だくで上まで行って少しニシバマを眺める。

 

View this post on Instagram

 

Yousuke Ohmaeさん(@13_yousuke)がシェアした投稿

透明度が高くて、珊瑚礁までくっきり見えるニシバマが綺麗。

向こうには、座間味島とその手前に無人島の嘉比島や安慶名敷島、安室島を眺めることができる。

北浜展望台

 

北浜と書いて「ニシバマ」と呼ぶ絶景ビーチ

何度も紹介しているけれど、波照間島の北浜(ニシ浜)と同じく、「北浜」と書いて「ニシバマ」と呼ぶ。

東西南北を「あがり・いり・ふぇー・にし」と呼ぶ、古くからの沖縄の言葉から「北」と書いて西ではないのに「ニシ」と読む、ややこしいやつだ(笑)

今回ニシバマに行ってみたら、前回来た7月にはまだ工事中だった3階建ての展望デッキが完成していた。

2階はカウンター席やテーブル席があって居心地が良いし、デザインも案外いい感じになっていていた。

カウンターに座ってニシバマビーチを眺めると気持ちがいい。

 

View this post on Instagram

 

Yousuke Ohmaeさん(@13_yousuke)がシェアした投稿

日陰になっていることもあって、いい休憩場所だ。

 

シュノーケリングでケラマブルーを体験

早速ビーチに降りてシュノーケリングして遊ぶことにした。

前の日は、ブイやロープの向こう側でダイビングしていたけど、今回のニシバマはいつもにも増して綺麗だったので期待大!

ビーチを歩いているだけでその青さと美しさに感動してくる。

このビーチに出会ってから海の綺麗な場所を探して、世界中の南の島々を回るようになったのを思い出す。

初心に帰る場所だ(笑)

もう何度もこのニシバマでダイビングしたり、シュノーケリングしたりしているハズなのだけど、毎回その透明度や青さ、水中の風景には感動させられる。

前日のダイビングでも感じたのだけど、特に今回のニシバマはなんかキラキラしていて、いつもうよりも綺麗な気がした。

毎回このロクセンスズメダイがいっぱいで、人懐っこくて近寄ってくる(笑)

シュノーケリングでも枝珊瑚とデバスズメダイの慶良間諸島のポスターになっているような風景にも会える。

特にブイやロープの手前のリーフエッジまで行くと、珊瑚礁や砂地、たくさんの魚たちがいてめっちゃ楽しい。

真っ白い砂地とのコントラストと吸い込まれそうに青い、正に「ケラマブルー」の美しさを体験できる。

浅瀬に大きなテーブル珊瑚もあるし、ウミガメにも出会える。

楽しすぎて、結局2時間くらいずっとシュノーケリングしてた気がする。

 

ウエストコーストの露天風呂でリフレッシュ

シュノーケリングした後は、ウエストコーストに戻って一休み。

最後に締めのオリオン生ビールを飲みながら露天風呂でリラックスして阿嘉島滞在終了。

 

日本中や世界中の南の島々をまわってみたけれど、波照間島のニシ浜鳩間島の海、スペインのイビサ島やマルタのコミノ島、タイのピピ島など美しい海はいっぱいあったけれど、結局ここ、阿嘉島のニシバマが1番なのかも知れないと改めて思った。

もちろん好みもあるけれど、ケラマブルーと言われる海の青さや白いビーチに砂地、向こう側に小さい島が点在する風景など、慶良間諸島の「世界が恋する海」のキャッチコピー通り、心に響く風景がある。

また来年ここに来るのが楽しみだ。

ニシバマ(北浜ビーチ)

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。