oh! my ブログ

NIKEはオレゴンで誕生した!ナイキの本社「ナイキワールドキャンパス」に行ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バッシュはNIKEだし、それ以外のスニーカーも数足持っていて、自分もNIKEファンの一人だ。

オレゴン大学の陸上選手だったフィリップ・ナイトとコーチのビル・バウワーマンの2人によって創業され、世界的なスポーツブランドになった。

ナイキ(NIKE)の本社「ナイキワールドキャンパス」は、ポートランド近郊のビーバートンにある。

そのためか、ポートランド市内にはナイキのシェア自転車がある。

やはり折角ポートランドに来たのだからナイキワールドキャンパスを観に行きたいという話になって、早朝にまたまたUBERで車を呼んで行ってみた。

 

緑に囲まれたナイキ本社「ナイキワールドキャンパス」

車で20分ほどでナイキ本社「ナイキワールドキャンパス」に到着。

もちろんオフィス棟は一般の人は入れない。

緑に囲まれ、敷地内に湖のように広い池もあるのびのびした場所にある。

オープン時間になって、ミュージアムのエントランスから入ると受付に結構並んでいた。

一人一人の名前をチェックしていて「予約しないと入れないのか!?」と不安がよぎった。

ここまで来てミュージアムの中に入れないのか!?と思っていたら、どうやら今日は採用試験の日らしく試験を受ける人たちが並んでいただけで、普通にミュージアムに入ることができた!

 

ナイキの歴史を感じられるミュージアム

こうして入ることができたミュージアムは、エントランスからナイキの歴史や最新のデザインや技術が感じられる展示をしている。

エントランスを進んですぐのシリンダー状の空間には、シューレースで作られたグラデーションが美しいインスタレーション。

周囲には最新のアパレル。

もちろん最新技術を投入したシューズも紹介。

創業当時のシューズ販売の様子を再現。

フォトジェニックでみんなで記念撮影していた。

ナイキの創業当時からの歴史を紹介。

名作シューズやそれが使用された名シーン、その時代のアパレルなどが展示されている。

当時のランニングシューズは今となっては古いだけだが、当時は最先端だったのだろう。

主にランニングシューズを中心にレイアウトされていた。

当時のワッフルソールのシューズは歴史を感じる。

Nike World Campus (Nike World Headquarters) – ナイキワールドキャンパス

営業時間:7:30~17:30
定休日:土日曜日
電話:+1 503-671-6453
URL : https://about.nike.com/pages/contact-us
住所:1 One Bowerman Dr, Beaverton, OR 97005, USA

 

ポートランドのダウンタウンのナイキストア

ポートランドのダウンタウンにはナイキストアがあったので、バッシュ探すついでに寄ってみた。

広々とした店内に大きな吹き抜けがあってゆったり。

ポートランドらしくブレーイザーズのユニフォームが迎えてくれる。

今シーズンからNBAのジャージがナイキになったけど、ブレイザーズの0番のリラードは確かアディダスと契約していたような…

広い店内はウインドウショッピングだけでも飽きない。

歴代のエアジョーダンがディスプレイされていた。

今履いているカイリー・アービングのバッシュの珍しいカラーがあったけど、荷物になるから買うの止めておいた…

Nike Portland – ナイキストア・ポートランド

営業時間:10:00~20:00(日曜日11:00~18:00)
URL : https://www.nike.com/us/en_us/retail/en/nike-portland
住所:638 SW 5th Ave, Portland, OR 97201, USA

 

ナイキワールドキャンパスは、ナイキ(NIKE)ファンならみんな行きたいと思う。

僕らも少ない時間だったけど、場所的になかなか行けるところにないから十分満足だった。

ダウンタウンのナイキストアも楽しかったし、ポートランドを訪れたらナイキのことも忘れず両方訪れてみて欲しい。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。