oh! my ブログ

ル・コルビュジエによる「クラルテ集合住宅」を観るためにスイスの国際都市・ジュネーブへ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルンで「パウル・クレー・センター」、レマン湖畔で「レマン湖畔の小さな家」、ローザンヌで「ロレックス・ラーニング・センター」を回って、そこからスイスの国際都市・ジュネーブへ。

2階建てだけどローカル線でなので結構時間がかかったなぁ。

ジュネーブに着いた時にはちょっと暗くなっていた。

ジュネーブにもル・コルビュジエの建築があって、明るい時間に観たいと思ったので結局1泊。

この時泊まったジュネーブ・ホステルが広々していて、WIfiもサクサクで結構居心地良かった。

ジュネーブは国際連合欧州本部や国際連合の様々な機関が集まる国際都市。

その中心部をバスに乗って15分ほど行ったところにル・コルビュジエの建築がある。

 

ル・コルビュジエによる鉄とガラスの軽やかな建築「クラルテ集合住宅」

ジュネーブにある「クラルテ集合住宅」は、ル・コルビュジエがピエール・ジャヌレとともに手掛けた集合住宅で、上野の国立西洋美術館やレマン湖畔の小さな家サヴォア邸などと一緒に世界遺産登録されている建築の一つ。

ル・コルビュジエが初めて手掛けた集合住宅でもあり、主に鉄とガラスで構成されていて、ファサードを観るととても軽やかな印象を受ける。

後にコンクリートを使って大胆な建築になってマルセイユの「ユニテ・ダビタシオン」に発展していくことになる。

今でも普通に人が住んでいるので、残念ながら中に入ることはできない。

外観を眺めることしかできないから確認できないけど、ガラス張りのため室内がどこでも明るくなっているのだとか。

外から見える範囲だけど、屋上や2階部分の屋外スペースも植栽などがあって気持ち良さそう。

道路側のテナントはインド料理レストランになっていて、見事に雰囲気をぶち壊していた(笑)

わかりやすくタージマハールとか飾っちゃって、ここスイス…

 

「クラルテ集合住宅」は、マルセイユの「ユニテ・ダビタシオン」などル・コルビュジエの他の建築と比べても、迫力よりも明快さや軽快さを持った印象だった。

今見てもすごく新しさを感じるし、普通に住みたいと思う人も多いのかもと思う。

住んでいる人は結構高所得者らしいけれど(笑)

イムーブル・クラルテ(クラルテ集合住宅)- Maison Clarte

URL : https://www.sites-le-corbusier.org/fr/immeuble-clarte
住所:Rue Saint-Laurent 2 – 4, 1207 Genève, Switherland

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。