oh! my ブログ

巨匠ルイス・バラガンと美味しいタコスの街、中南米の大都市「メキシコ・シティ」を訪れる。

成田空港からメキシコのフラッグシップエアライン、アエロメヒコで片道12時間のフライトで着いたのは中南米メキシコの首都であり大都市「メキシコ・シティ」。

img_1052

治安が悪いと言われているメキシコだから、割とドキドキしながらメキシコ・シティ国際空港から市内へ。

img_1053

市内までのバスを待つ。

色使いがバラガンっぽい。

 

巨匠ルイス・バラガンの街

_mg_5853

その治安が悪いと言われるメキシコ・シティに来たのはもちろん巨匠ルイス・バラカンの建築を見るためだ。

まずは郊外のハイウェイ沿いに建つ「サテライトタワー」を見る。

ルイス・バラガン独特の色使いが綺麗だ。

_mg_5860

一緒に行ったアメリカ人スティーブと写真を撮っていたら、周りのメキシコ人からジロジロ見られる。

地元の人は何とも思っていないみたい。

サテライトタワー – Torres satelite

住所 : Naucalpan, CO. Satélite

 

本場のタコスが美味しい!

img_1056

宿の近くにあった雰囲気がある屋台でとりあえずタコスを食べる。

img_1073

5つで25M$と格安なんだけど、めっちゃ美味しい。

食べ物どうなんだろうと思っていたけど、これならメキシコでも困らなそうだ。

 

メキシコ・シティはルイス・バラガンのために訪れたので、バラガンの色彩豊かな建築を楽しみたい。

次回はルイス・バラガンのサテライトタワーを見た後に訪れたロス・アマンテスの噴水へ。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。