oh! my ブログ

ダニエル・リベスキンドらしい空間が広がるコペンハーゲンの「デンマーク・ユダヤ博物館」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お昼過ぎにデンマーク王立図書館「ブラック・ダイアモンド」を訪れたあとは、その周辺の建築を巡る。

「ブラック・ダイアモンド」の裏、図書館の旧館の裏側の一部が博物館になっている。

 

コペンハーゲンの「デンマーク・ユダヤ博物館」

この博物館は、ユダヤ人の歴史や文化を伝えるための「デンマーク・ユダヤ博物館」。

主にナチス・ドイツの迫害からデンマークに逃れたユダヤ人たちのことを紹介している。

規模は小さいけれど、ドイツ・ベルリンにもあって数年前に訪れた「ユダヤ博物館」のコペンハーゲン版と言ったところ。

ユダヤ人の歴史を伝える、ダニエル・リベスキンド設計の脱構築主義建築「ベルリン・ユダヤ博物館」を訪問。

 

ダニエル・リベスキンドらしい複雑な空間

ベルリンにあるユダヤ博物館同様にデザインはユダヤ人の建築家ダニエル・リベスキンドによるもので2004年にオープンした。

もともとの古い図書館の建築をリノベーションして新しく展示するための壁面を追加して動線を作っている。

16:00で閉館なので到着したのが15:30。

北欧の国々の公共施設って、働き方が先進的だからか開館時間が短くない!?

「すぐ閉まるけどいい?」と聞かれたけど空間観たいだけなので、入館料を払って見学。

もちろんベルリンのユダヤ博物館よりも小さいのだけれど、リベスキンドらしい水平垂直のない脱構築主義的な空間が広がる。

角がいっぱいある動線は、遠くを見渡すのではなくところどころに設置された展示物で立ち止まるように設計されているようだった。

床も緩やかなスロープになっているところをワザと設けているっぽい。

シナ合板を貼り合わせて作られているので少し柔らかい印象にはなっている。

煉瓦造りのボール十天井に対するソリッドな壁面がおもしろい。

直線的な照明は人を誘い込むように導いてくれる。

 

「デンマーク・ユダヤ博物館」は、ダニエル・リベスキンドらしい脱構築主義の空間が広がって、しかもそれがもともとの煉瓦造りの建物とのコントラストを作っていてすごくおもしろかった。

日本ではダニエル・リベスキンドの建築は体験できないのでコペンハーゲンを訪れたら「ブラック・ダイアモンド」と一緒に訪れて観たいスポットだと思う。

Dansk Jødisk Museum – デンマーク・ユダヤ博物館

開館時間:13:00~16:00(土・日曜日12:00~17:00)
休館日:月曜日
入館料:DKK60
URL : https://jewmus.dk/dansk-joedisk-museum/
住所:Proviantpassagen 6, 1218 København, Denmark

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。