oh! my ブログ

フィンランド・ヘルシンキにある「アルヴァ・アアルト自邸」は日本を感じさせるインテリアが印象的!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

午前中にアアルト大学キャンパス内の「オタニエミ礼拝堂」や「アルヴァ・アアルト記念講堂」、「アアルト大学図書館」を訪れた。

午後はアルヴァ・アアルト自身が設計し、事務所として使っていた「アアルト・アトリエ」のガイドツアーに参加。

ツアーが終わったら、そこから歩いて「アルヴァ・アアルト自邸」に向かった。

 

アアルトにより丁寧にデザインされた名作住宅「アルヴァ・アアルト自邸」

「アアルト・アトリエ」土曜にガイドツアーを予約していて、少し時間があったから外観を先に観て回った。

白い壁と2階部分のダークブラウン羽目板の組み合わせが雰囲気ある外観を作っている。

ファサードのアクセントにもなっている木製ドアの前には、、石でできた階段と植栽があって、すごく誘い込み方がずるいエントランスだと思った。

反対側の庭の方に回ってみると植栽が壁にまで這っていることもあって、すごくフィンランドの緑と相性が良い建築の佇まいになっている。

雑誌や書籍などの写真では何度も目にしているけれど、実物の佇まいはどこか特別に感じる。

 

北欧らしい優しいインテリアデザイン

ガイドツアーの時間になったので中に入と、アアルトらしいハイサイドライトから自然光が空間を照らす。

「アアルト・アトリエ」ができる前にアトリエスペースだった部屋に通されるが、吹き抜けの天井が緩やかにカーブを描いていたり、木だけでなくファブリックを面としてインテリアに取り入れていたりと随所にこだわりを感じるインテリアだ。

アアルトが実際に使用していた製図用具などと共に図面や模型も展示されているので、今もアアルトの気配を感じられる。

そこに置かれている家具はもちろんアアルト自身によるデザイン。

絵画や雑貨などは北欧に限らず、世界中から集めた物ですごくおしゃれで、お金では買えない豊かな生活を感じる。

アアルトのデスクは、一番奥の目の前の公園の様子が見える窓のところにある。

 

日本を感じさせるインテリアのリビング・ダイニング

アトリエスペースの隣には、可動間仕切りで仕切られたリビングにあたるスペースがある。

可動間仕切りや木の温もりを感じるインテリアは、やはり日本を感じさせる要素が散りばめられていた。

アアルトがデザインした400ルームチェアなどの家具や友人だったポール・ヘニングセンの照明など北欧インテリアの教科書的なスタイリング。

冬が厳しく寒い北欧で室内で豊かに暮らすためのインテリアだ。

大きな窓からは庭の植栽の緑が絵画のように見えて、インテリアの一部になっている。

ダイニングは少しクラシカルなコーディネートになっているが、ここも日本的なインテリアだ。

 

北欧インテリアのお手本のようなデザイン

2階に昇るとさらに暖かみを感じるインテリアの空間が広がる。

絶妙な窓の配置で外の視線を遮りつつ、自然光が多く入るような設計。

インテリアコーディネートも北欧インテリアのお手本のような感じで、教科書で学ぶような感じ。

ベッドルームもホテルライクで窓台と高さを合わせたデスクなど、建築やインテリア、家具のスケールが近い感じがする。

モダニズム建築に見られるような、ざっくりとした空間の作り方ではなく、平面も断面も計算し尽くされていた。

 

アルヴァ・アアルトによる「アアルト自邸」は、日本的なデザインと北欧デザインの教科書的なインテリアですごく印象的な建築だった。

特にリビングやアトリエは、今もアルヴァ・アアルトと妻だったアキノ・アアルトが今もいるんじゃないかと思うほど生き生きした空間ですごく感動した。

アアルト大学からの「アアルト・アトリエ」、「アアルト自邸」と1日中アアルト尽くしでお腹いっぱいで幸福な日だった。

Alvar Aallon kotitalo – アルヴァ・アアルト自邸

開館時間:13:00~14:00(土・日曜日~16:00)
休館日:月曜日
URL : https://www.alvaraalto.fi/en/location/the-aalto-house/
住所:Riihitie 20, 00330 Helsinki, Finland

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。