oh! my ブログ

アアルト大学内にあるアアルトが設計した図書館が柔らかい光に包まれる優しい建築だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィンランドのヘルシンキ郊外にあるアアルト大学キャンパスで「オタニエミ礼拝堂」と「アルヴァ・アアルト記念講堂」を観て回った。

他にも売店が入っている建物などアルヴァ・アアルトが手掛けてた建築があるし、他にもおもしろい建築はいっぱい集まっているのだけれど、1日中かかってしまうので、最後に図書館だけ観て行くことにした。

 

アルヴァ・アアルトが設計した図書館

バス停のあるロータリーの前にあるのが図書館で「アルヴァ・アアルト記念講堂」と同じようにレンガの外装のファサードになっている。

もちろんアルヴァ・アアルトが設計した建築でアアルトらしい空間が広がっている。

アアルトは住宅も素晴らしいけれど、アメリカ・ポートランド近郊で訪れた「マウントエンジェル修道院図書館」のように図書館建築もすごく良い感じだから期待が持てる。

 

柔らかい光に包まれる優しい空間

2階に昇ると柔らかく自然光が包み込むアアルトらしい空間が広がる。

大きなハイサイドライトから入る自然光を曲面の壁が柔らかく反射していた。

カウンターもシンプルで温かみのあるデザイン。

平面が普通の矩形ではなく台型のようになっていてその場にいると広がりを感じるし、より複雑な空間に感じる。

少し天井が低くなっているスペースは円形のトップライトが連続していて明るい空間になっている。

個人的には窓際のデスクが使いやすそうだなと思った。

もちろん設置されている椅子やテーブルなどの家具もアアルトが設立した「アルテック」の家具たち。

建築もインテリア、家具もそれぞれヒエラルキーがない空間づくりがいい。

照明や設備もまとめられていて、ル・コルビュジエやミース・ファン・デル・ローエといったモダニストよりもトータルで考えられている気がする。

もちろんこういった空間が生き生きして見えるのは現在も現役で使われているからだと思う。

 

遊び心があるインテリア

地下に行くとちょっとアアルトっぽくはないインテリアが広がっていて、北欧の柔らかさと艷っぽさがあってこれはこれで遊び心があるインテリアでおもしろい。

多分最近改修されたのだと思うけれど、学生が思い思いに過ごせるのですごく居心地は良さそう。

 

アアルト大学の図書館は、その建築やインテリア、家具の統合された空間とそれが柔らかい光に包まれる様子はとても落ち着く、優しい雰囲気をつくる建築だった。

フィンランドという国の図書館のデザインが素晴らしいのは、アアルトがこういった良い建築や良いインテリアを遺したお陰でもあるのかも知れない。

この後は、バスでアアルトのアトリエに行くつもりだったのだけれど、全然バス来ないから結局UBERで車呼んで移動。

移動代高く付く…

Aalto-yliopisto – アアルト大学

URL : https://www.aalto.fi/
住所:〒02150 Espoo, Finland

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。