oh! my ブログ

ドイツ・ベルリンにある建築家デイビッド・チッパーフィールドの事務所の社食のランチが美味しい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミース・ファン・デル・ローエによる「レムケ邸」やイーストサイドギャラリーにある「ベルリンの壁」などを巡った後は、ベルリン市内でランチ。

今回のドイツ旅ではご飯が美味しいのでちょっと楽しみ。

 

建築家デイビッド・チッパーフィールドの事務所

訪れたのは、ロンドン出身の世界的建築家デイビッド・チッパーフィールドのベルリン事務所。

他にはロンドンとミラノにオフィスがあるけれど、ドイツ国内での功績が大きいので最も主要な事務所なのかも知れない。

RC打放しのマッシブな建物が3つ、真ん中にある中庭を分けるように分棟されて建っている。

整然と窓が並ぶ建物が多いベルリンの街で通りやファサードの表情に変化を与えているようだった。

 

社食「チッパーフィールド・カンティーナ」でランチ

訪れたのは設計事務所なわけだけど、その一つの棟が社食である「チッパーフィールド・カンティーナ」というレストランになっている。

一応従業員向けの社食だけど、美味しいと評判で近所の人たちも朝食やランチを取りに来るのだとか。

中に入るとRC打放しでラフでカジュアルな空間だけど、それがどことなくベルリンらしい気がした。

2階に上がるとモスグリーンのカーテンと無垢材のテーブルがアクセントになっている。

ざっくりした空間だけど、居心地はいい。

 

ドイツ料理とは違うオリエンタルな料理が美味しい

ランチではサラダかスープとメインのセットメニューがあって外がちょっと寒いのでスープを注文。

今まで味わったことがないような味わいだけど、なかなか美味しい。

メインは名前を忘れてしまったんだけど、ドイツ料理とは違うカレーのようなオリエンタルな料理でスパイスが効いて美味しかった。

ヴォリュームも多くてかなりお腹いっぱい。

 

デイビッド・チッパーフィールドの事務所の社食「チッパーフィールド・カンティーナ」は、「社食!?」って思ったけど、ランチのオリエンタルな料理は期待していた以上に美味しかった。

そしてチッパーフィールドの事務所らしく空間もいいし、食器やカトラリーもカッコ良かった。

一般の人でも入ることができるので近くを訪れたらランチしてみるのをオススメする。

Chipperfield Kantine – チッパーフィールド・カンティーナ

電話:+49 30 33844430
URL : https://kantine-berlinmitte.de
住所:Joachimstraße 11, 10119 Berlin, Germany

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。