oh! my ブログ

ザハ・ハディドが設計した「ロカ・ロンドンギャラリー」が空間もプロダクトも近未来過ぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ザハ・ハディド関連のものを見て回っていて、たどり着いたのはインペリアル・ワーフ駅。

シティ・オブ・ロンドンなどロンドン中心部の密集度合いからみるとゆったりとした街の雰囲気がある。

駅を降りると駅前の広場でちょっとしたマルシェが開催されていた。

美味しそうな匂いがして、ちょっと立ち止まってしまった。

食べたくなるんだけど、どれも揚げ物だったり、ソースべったりで重そうなものばっかり(笑)

 

ザハ・ハディドが設計した「ロカ・ロンドンギャラリー」

その広場のすぐ前にあるのが、「ロカ・ロンドンギャラリー」で、バルセロナに本社がある衛生機器メーカーのショールームだ。

ファサードだけでなく、インテリアまでザハ・ハディドがデザインしている。

 

近未来的な空間のインテリア

ファサードから続くコンクリートの自由局面のデザインがショールームの内部空間まで続いている。

各スペースごとに緩やかに文節された内部空間は、吸い込まれるような局面で続いている。

各場所であまり取り替えが効かないので、ショールームとしては使い勝手が悪いような気がするのだけど、照明が機能的に配置されていたり、壁や天井もプレキャスト方式で作られていたりと変化には対応できそう!?な感じ。

外部から続くグレーの空間を抜けると、真っ白い白い空間に出て、さらに近未来感が増す。

白い空間にFRPで作られた不思議な形の家具や什器が配置されていて、完全にザハワールド。

バスタブや便器のような光沢がある局面でできた空間は、なんだかちょっとSF映画のセットの様にも思えてくる。

ガラス張りになったミーティングルームもあって、ちょうど見学ツアーの真っ最中だった。

 

ザハ・ハディドによるデザインのプロダクト

ギャラリーの中にはザハ・ハディド自身がデザインしたプロダクトもあるけど、ギャラリーの空間にマッチしていて自然に思えてくる。

だけど、普通に考えてこれを使える空間はザハ・ハディドがデザインする空間だけだろう(笑)

 

「ロカ・ロンドンギャラリー」は、衛生機器のショールームではあるけれど、ザハ・ハディドのデザインを見られる小さい美術館のように楽しめる。

ロンドンの中では、他に見所の少ないエリアではあるけれど、十分におすすめできる場所だと思う。

Roca London Gallery – ロカ・ロンドンギャラリー

開館時間:9:00~17:30(土曜日~17:00)
休館日:日曜日
電話:+44 20 7610 9503
URL : http://www.rocalondongallery.com
住所:Station Court, Townmead Rd, Fulham, London SW6 2PY UK

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。