oh! my ブログ

ヴァルター・グロピウスによるクレーやカンディンスキーらバウハウス教員たちの家「マイスターハウス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァルター・グロピウスによる設計であまりにも有名な「バウハウス・デッサウ校舎」を訪れた後は、徒歩でバウハウスの教員(マイスター)が暮らした「マイスターハウス」を目指す。

途中バウハウス三代目校長になるミース・ファン・デル・ローエによる「トリンクハル」というキオスクがあった。

Trinkhalle – トリンクハル

住所:Ebertallee 59, 06846 Dessau-Roßlau, Germany

 

マイスターハウスを現代的なカタチで再現した「グロピウス・ハウス」

「マイスターハウス」は全てが現存している訳ではなくて、いくつかは第二次世界大戦などで失われてしまった。

「グロピウス・ハウス」とも呼ばれるグロピウスとモホイ・ナジが住んでいた住宅は、ベルリンの設計事務所BFM(ブルーノ・フィオレッティ・マルケス)によって抽象化されたような現代的なカタチで再現している。

中には入れなかったけれど、内部空間は写真家モホリ=ナジのオマージュ的な空間になっている。

Haus Gropius – グロピウス・ハウス

開館時間:10:00~17:00
入館料:8.5€(マイスターハウスやバウハウス博物館とのジョイントチケットがお得)
URL : https://www.bauhaus-dessau.de/de/
住所:Ebertallee 57, 06846 Dessau-Roßlau, Germany

 

ヴァルター・グロピウスが設計したモダン住宅「マイスターハウス」

今回は「マイスターハウス」の中でもパウル・クレーやヴァシリー・カンディンスキーが住んでいた住宅を見学。

ヴァルター・グロピウスが設計したマイスター・ハウスは、バウハウス・デッサウ校舎と同じように大きなガラスのカーテンウォールを実装している。

このマイスター・ハウスは、2つの住宅を反転してくっ付けたみたいなプラン。

そしてキュービックな外観はモダニズム的だし、ル・コルビュジエによるサヴォア邸やヴァイセンホフ・ジードルングよりも早いと思うとすごく先進的。

 

パウル・クレーやヴァシリー・カンディンスキーも暮らした家

パウル・クレーやヴァシリー・カンディンスキーが暮らした家は、今でこそモダンな住宅としてわかるけれど90年も前のデザインだと思うとすごい。

色彩や窓の割付の造形などすごく綺麗。

階段室の吹抜けには縦長のカーテンウォールが設置されていて明るい。

2階には天井た高くて広い気積が大きいリビングや個人のギャラリー、アトリエとしての空間がある。

教員(マイスター)にとって創作の場であり、時にはパトロンやクライアントを呼んで作品を披露する部屋にもなっていた。

ロフトのような大きな収納や棚には作品を収納するスペースだったようだ。

Meisterhäuser / Haus Gropius – マイスターハウス

開館時間:10:00~17:00
入館料:8.5€(マイスターハウスやバウハウス博物館とのジョイントチケットがお得)
URL : https://www.bauhaus-dessau.de/de/
住所:Ebertallee 57, 06846 Dessau-Roßlau, Germany

 

ヴァルター・グロピウスが設計した「マイスターハウス」は、90年前の建築でありながら色彩や造形なども良くてすごく現代的でカッコよかった。

特にバウハウス・デッサウ校舎で印象的だったカーテンウォールが住宅スケールで使われていておもしろかった。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。