oh! my ブログ

オランダ、アムステルダムでMVRDVの集合住宅「オクラホマ」「シロダム」(外観だけ)を訪ねる。

Pocket
LINEで送る

ロッテルダムを出た後はオランダの首都アムステルダムに到着。

1晩寝てアムステルダムの現代建築、MVRDVによる集合住宅を中心に建築巡りに出かけた。

MVRDVと言えば東京ではシャネルやブルガリなどのハイブランドが入居するGYRE(ジャイル)という表参道の建築が有名だろう。

 

まずはメトロ17番線で30分ほど揺られて郊外Hoekenes駅へ。

着いてすぐ散歩中の夫婦に写真を見せて「これはどこ?」と聞くとオランダ語で返されたけど川沿いを進めばあるとのこと。

IMG_6653

トラムの駅前にはこんな集合住宅があって、そこから川沿いを歩く。

_MG_8861

川沿いは紅葉していて気持ちよかったのでちょっと歩いたけど気にならない。

_MG_8865

途中の公園脇にはボートが停められる集合住宅があった。

 

日産MARCHのCMでお馴染み「オクラホマ」

IMG_6672

カラフルなベランダが見えて来た。

これが「オクラホマ」という100戸の老人用集合住宅で、昔日産のMARCHのCMのロケ地になって話題になった。

IMG_6660

ベランダの色や位置はバラバラだけれど全体としてそこが面白いデザインになっている。

IMG_6671

出っ張り具合もバラバラ。

IMG_6666

反対には11mくらい飛び出すヴォリュームのキャンティレバー(片持ち構造)がすごい迫力。

IMG_6669

こういうユニークな建築にご老人が住んでいるというのはいかにもオランダらしく、日本では絶対できないだろうなと思う。

_MG_8863

飛び出したヴォリュームからさらに飛び出したカラフルなベランダ。

Oklahoma

オクラホマ

住所 : Reimerswaalstraat 1, 1069 AE Amsterdam, Netherland

 

海上に浮かぶ巨大客船のような建築「シロダム」

IMG_6684

次はアムステルダムのウォーターフロントに移動して、またMVRDV設計のオフィス兼集合住宅「シロダム」を観た。

IMG_6686

地価が高騰したアムステルダムにあって、ウォーターフロントに人工的な大地を作るというか、巨大な船を浮かべて居住スペースを作った。

IMG_6687

マリーナや小規模のオフィスなど複合的な需要に対応しているプログラムが、多民族国家で多様な価値観を許容するアムステルダムらしいと思った。

IMG_6692

大きなテラスから見る。

コンテナを積み上げたようなカラフルなファサードがタンカーのようだ。

IMG_6698

実は既にル・コルビュジエのユニテ・ダビタシオンを観たのだが、それと共通する部分が多様にあるなと思ったし、巨大な船のメタファーなどユニテ・ダビタシオンを引用している部分も多様にあるなと思った。

Silodam

シロダム

住所 : 1013 AL Amsterdam Netherlands

 

もちろん基本的には実際に住んでいる人がいる住宅だから内部は観られなかったんだけれど、それでもオランダ・アムステルダムらしさとオランダの建築家集団であるMVRDVの思考の源を探れたような気がした。

アムステルダムのような多様な価値観が混在し、土地は少なく、アメリカのような愛国精神に頼ることのできない場所にとって多様なものをそのまま具現化・建築化している感じだ。

それがこのユニークさを生んでいるところは是非一度その目で観てみて欲しいと思う。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

2015-11-05 | Posted in 建築・都市, オランダ |キーワード : No Comments »  | 2,717 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。