oh! my ブログ

螺旋状の動線がおもしろいノーマン・フォスター設計の「シティ・ホール」に行って来た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミレニアム・ブリッジ」を渡って「テートモダン」を観た後は、そのままテムズ川沿いを歩いて東側へ。

テムズ川沿いは人の流れもあって、とても賑やか。

古き良きイギリスらしい建物も残っていて、レストランやカフェなどとして使われている。

テムズ川沿いをさらにロンドンブリッジの方まで進んで行くと、近代的なビルが立ち並ぶエリアに出る。

 

ノーマン・フォスター設計の「シティ・ホール」

そのロンドンブリッジの手前には、卵のような形をしたガラス張りの建築がある。

これがノーマン・フォスターの設計で2002年7月にオープンした、ロンドン市長とロンドン議会の役割がある大ロンドン庁 (GLA) の施設「シティ・ホール」だ。

その外観は、ダース・ベイダーのヘルメットやオートバイのヘルメット、ダンゴムシなどに例えられることもあり、賛否両論あるらしい。

 

螺旋状の動線が連続する空間

市庁舎や議会の機能を持つ施設だが、セキュリティを通ると限られたエリアだけど、内部を見学することができる。

地下一階は常にオープンなスペースになっていて、カフェなども市民が自由に使えるようになっている。

地下だが、視覚的にも目の前の広場とつながっていて明るくオープンな雰囲気。

こんな感じの施設でここまでオープンで入りやすい建築はなかなかない気がする。

このシティ・ホールの形状は、表面積が同じ床面積の四角い建物よりも25%も少なくなるため、空調などのエネルギー効率が良くなるようにデザインされているのだとか。

採光面でも、南側に大きな吹き抜けのスパイラル状空間が作られ、南側から自然光が入るように設計されている。

普段は最上階の展望室にも入ることができるのだけど、この日は使用中で入れなかった。

ガラス張りで螺旋状のスロープが続いていて周囲の様子を眺めながら移動する動線が作られている。

螺旋状に観て回るのは非常に楽しい建築だ。

周囲の風景との立体的な関係性もおもしろい。

 

この「シティ・ホール」は、ロンドンにノーマン・フォスターの建築は多いけれど、内部までその独特な空間体験ができる建築は少ないので、是非とも内部空間まで観てみるのがオススメの建築だ。

建築自体もそれほど大きくはないので、短い時間で見学できるからササッと観てみるのもいいと思う。

City Hall – シティ・ホール

開館時間:8:30~18:30
休館日:土・日曜日
電話:+44 20 7983 4000
URL : https://www.london.gov.uk/about-us
住所:The Queen’s Walk, London SE1 2AA UK

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。