oh! my ブログ

現代建築

上を電車が掠めるレム・コールハースとOMAによるイリノイ工科大学「スチューデントセンター」

ミース・ファン・デル・ローエの「ファンズワース邸」やダウンタウンの建築を観て回った次の日は、シカゴのダウンタウンの南側にあるイリノイ工科大学へ向かった。 イリノイ工科大学にもミースの建築など色々な建築...続きを読む >

人類のこれまでと未来に関することを紹介するサンティアゴ・カラトラバによる「明日の博物館」。

リオ・デ・ジャネイロの対岸の街で「ニテロイ現代美術館」や「オスカー・ニーマイヤー通り」の建築を訪れた後は、船でリオ側に戻った。 港を出て少し散歩しつつ次の目的地へ。 そして、そのまま海岸沿いのブールヴ...続きを読む >

リオの対岸の街・ニテロイにある「オスカー・ニーマイヤー通り」の奇抜な建築群を訪ねる。

活気がある「サン・ペドロ市場」でお腹いっぱい、そしてカイピリーニャ2杯でほろ酔いになった後は、またまたオスカー・ニーマイヤーの建築を観に行く。 リオ・デ・ジャネイロの対岸の街、ニテロイには「ニテロイ現...続きを読む >

UFOのような形がおもしろいオスカー・ニーマイヤーによる「ニテロイ現代美術館(MAC)」を訪ねる。

リオ・デ・ジャネイロ滞在中、ここまでブラジル滞在がバタバタだったこともあって、ゆっくり過ごそうという意識はあったけれど、基本的にはオスカー・ニーマイヤーの建築を巡る目的だった。 その中でリオ・デ・ジャ...続きを読む >

カタルーニャ地方を中心に活動するRCRアルキテクタスによる「サン・アントニ図書館」

モンジュイックの丘にある「ミロ美術館」でアートを楽しんだ後は、そのまま坂を降ってサン・アントニ地区へ向かった。 バルセロナの中でも、もともとそんなに治安が良くない場所なんだけど最近色々変わってきている...続きを読む >

スイス・ベルンにあるレンゾ・ピアノ設計の「パウル・クレー・センター」がユニーク。

ミラノデザインウィークはまだ後半戦を残しながらもバスでスイスの首都ベルンを訪問。 ル・コルビュジエの「レマン湖畔の小さな家」に行くためなんだけど、ミラノから行くと開館時間内に辿り着けないのでベルンで2...続きを読む >

モスクワにあるレム・コールハース率いるOMAが設計を担当した現代美術館「ガレージ」。

スープカフェで「ボルシチ」を食べて暖まった後は、モスクワに立ち寄ってみる理由になった美術館に向かった。 この日のモスクワはお昼くらいになって多少気温も上がったとは言っても極寒の世界。 地下鉄のオクチャ...続きを読む >

マラケシュにあるファッションとモロッコの伝統をミックスした「イヴ・サンローラン美術館」。

マラケシュ二日目は、同じ日本人宿に泊まっていた2人と一緒に外出。 フナ広場周辺を散策してランチを取った後は、1人タクシーを捕まえて新市街にある「イヴ・サンローラン美術館」を訪れた。   ファ...続きを読む >

パリにある「ポンピドゥーセンター」の分館がマラガにもあったので立ち寄ってみた!

マラガの街からビーチに向かって歩いているとカラフルなキューブが目に付いた。 かなり大きなガラスのキューブで、その名も「cube」という作品名、すごく目立つ。 フランス人であるダニエル・ビュレンヌという...続きを読む >

螺旋状の動線がおもしろいノーマン・フォスター設計の「シティ・ホール」に行って来た。

「ミレニアム・ブリッジ」を渡って「テートモダン」を観た後は、そのままテムズ川沿いを歩いて東側へ。 テムズ川沿いは人の流れもあって、とても賑やか。 古き良きイギリスらしい建物も残っていて、レストランやカ...続きを読む >

1 2 3 4 5 7