oh! my ブログ

グラナダのバルは何杯ドリンク注文してもその度に違う無料タパスが付いてくる天国!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聞いてはいたのだけど、グラナダのバルは天国だった!

とにかく美味しいピンチョスとタパスがあるサンセバスチャンやビルバオのバル、スペイン中の美味しいものが集まるバルセロナやマドリードのバル。

どこのバルも最高なんだけど、グラナダのバルも凄い!

 

ドリンクに無料タパスが付いてくる!

前の記事でも紹介したけど、グラナダのバルではビールやワインなどのドリンクを注文すると無料のタパスが付いてくる。

しかも無料なのに美味しい。

グラナダのバルではこの無料のタパスの美味しさやクオリティを競っているところがあるらしい。

しかもビールで1.9€、ワインで2.3€くらいとお酒自体もめっちゃ安い!

こんな値段でホントにいいのか、って思ってしまう。

さらに2杯目を注文すると最初とは違うタパスが付いてくる。

だから500円くらいでお腹いっぱい。

地元のおっちゃんが「それ無料なんだぜ!」って笑って話しかけてきた(笑)

ほとんどのバルではアルハンブラビール。

ワインもグラナダのローカルワイン。

 

グラナダで訪れた個性的なバル

そんな天国みたいなグラナダが楽しくて色々なバルをハシゴした。

いつも賑わっている「ボデガ・カスタネーダ」

グラナダの中でも一番人気と言って良いくらい有名なバルで、グラナダ滞在中3回も行ってしまった。

ドリンクも安いのに無料タパスのレベルがめちゃくちゃ高い!

グラナダの「ボデガ・カスタネーダ」が美味しくて安くてまるで天国みたいなバルだった!

 

庶民的なバル「レオン」

レストランを併設した地元の常連客が通う「レオン」。

美味しいタパスとローカルバルの雰囲気を味わえる。

アンダルシア・グラナダにある地元の常連客も多い庶民的なバル「レオン」の料理が美味しい!

 

NHKの人気番組でも紹介された「バル・プロヴィンシャス」

NHKの「世界入りにくい居酒屋」という人気番組にも登場した「バル・プロヴィンシャス」。

シーフードもお肉両方のタパスが美味しいバルで、お客さん同士も仲がいい。

世界入りにくい居酒屋でも紹介されたグラナダの「バル・プロヴィンシャス」に行って来た。

 

開放的なパティオがある「ピラール・デル・トル」

17世紀の貴族の豪邸を改装し、バルとレストランにしてホテルも併設する「ピラール・デル・トル」。

奥に開放的なパティオがあって、気持ちいい。

すごく中途半端な時間に訪れたので、すごくシンプルなタパスだった。

それでもポテサラは甘みがあって美味しかった。

Pilar del Toro – ピラール・デル・トル

営業時間:9:00~24:00
電話:+34 958 22 54 70
URL : http://www.pilardeltoro.es
住所:Calle Hospital de Sta. Ana, 12, 18009 Granada, Spain

 

庶民的なバル「ボデガ・エスパダフォール」

ゲストハウスのすぐ近くにあった「ボデガ・エスパダフォール」は、観光客が全くいない地元の庶民的なバルだった。

伝統的なタイル貼りの天井が高い空間がおもしろかった。

タパスはシンプルな感じ。

後で知ったけど、朝食が美味しいらしい。

Espadafor – ボデガ・エスパダフォール

URL : https://espadafor.es/es/
住所:Calle Tinajilla, s/n, 18001 Granada, Spain

 

エスパダフォールを出たらちょっと新市街を散策。

何にもないし、物乞いに話しかけられたし、治安よくなさそう。

 

地元の人しか行かないであろう「ボケロン6」

歩いていると雰囲気良さげなバルがあったので、ちょっと休憩。

割と広い店内にお客さんが数人。

店員さんも英語話せないのでスペイン語オンリー。

ワインを注文するとグリーンオリーブも出てきた。

無料タパスはこれだけかな!?と思っていると…

スパイスの効いた牛肉の煮込みも出てきた。

初めて味わう味付けだが、普通に美味しい!

ドリンク1杯にタパスが2つ!

後で入って来たお客さんとスペイン語でちょっと談笑してお店を出た。

Bar Boquerón 6 – ボケロン6

営業時間:6:00~23:00
電話:+34 958 04 29 98
URL : https://www.facebook.com/BAR-el-boqueron-203552239758984/
住所:Plaza del Boquerón, 6, 18001 Granada, Spain

 

ゆっくり食事もできる「マス・ケ・ヴィノス」

カテドラルの裏の方にある「マス・ケ・ヴィノス」というお店が気になったので入ってみた。

タベルナと書いてあるのでどっちかっていうとバルと言うより食堂って感じ。

タベルナだけど、食べるよ(笑)

バルスペースもあるしドリンクに無料タパスのシステムもあった。

グラナダのワインと共に出て来たのが、このタパス。

スライスしたお肉がワインに良くあって美味しかった。

Taberna Mas Que Vinos – タベルナ・マス・ケ・ヴィノス

営業時間:12:00~17:00/20:00~24:00
URL : http://restaurantemasquevinos.es
住所:Calle Tundidores, 10, 18001 Granada, Spain

 

夜遅くまで賑わう「ラ・マンチャ」

グラナダ最後の夜、いくつかのバルをハシゴして最後に訪れたのが「ラ・マンチャ」。

夜も遅いのだけど、結構お客さんも多くてかなりの賑わい。

生ハムブロックとワイン樽、ビールタンクがお店の雰囲気をより良くしている気がした。

生ハムブロックがめっちゃある。

ワインを注文するとエビのタパスが付いて来た。

グラナダもシーフード美味しい。

Bodegas La Mancha – ボデガ・ラ・マンチャ

営業時間:10:00~24:00(金曜~26:00/木曜~25:45)
電話:+34 958 22 32 22
住所:Calle Joaquín Costa, 10, 18010 Granada, Spain

 

ドリンク注文する度に無料タパスが付いてくるグラナダのバル。

安いだけじゃなくて美味しいし、個性的なバルが多かった。

スペインのどこの街に行ってもバル巡りは楽しいけれど、グラナダを訪れたら「アルハンブラ宮殿」だけじゃなく是非バルもハシゴして楽しんで欲しいと思う。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。