oh! my ブログ

2018.10.11

福岡・中洲「河太郎」の呼子直送の新鮮ないかを使ったいかの活け造りが美味しすぎた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

またまたお仕事で出張のため福岡。

最近仕事ばかりで福岡の友人と飲みにいけてないのが残念なのだけど、今回は福岡は中洲にある有名店に連れて行ってもった。

あんまりキャバクラとか好きじゃないから、なかなか行かない中洲だけど、今回行ったのは「河太郎」という「いか」料理の専門店。

イカの水揚げ量日本一の八戸出身だけど、福岡で「いか」を食べてきた。

 

呼子のイカ活き造り発祥のお店「河太郎」

東北出身の人間からすると九州にイカのイメージは全くないだろうけど、佐賀県の呼子のイカは一大ブランド。

そして福岡市内にある「河太郎」は、呼子のイカ活き造り発祥のお店だ。

今回はこのカウンター席に通されたのだけど、目の前に広い水槽があってイカがいっぱい泳いでいて、それを採るところも鑑賞できる特等席だった。

しかし、扱うのが難しい繊細なイカを生きたまま水槽で泳がせるのはかなり大変でコストもかかっているだろうと思う。

まずは突き出しの小鉢。

接待や宴会でもよく使われるお店だけにその見た目から華やかな感じで、味も上品。

 

捌きたての透明なイカ活き造り

早くもメインディッシュ的なメニュー。

目の前の水槽から採ってから調理した、捌きたてのイカ活き造りは、新鮮過ぎて見たこともないくらい透明でまだ動いている。

食べ方は、最初に塩だけで次に塩とレモン、最後は九州らしい甘め醤油とワサビと色々な味を楽しめる。

コリコリした食感に繊細なイカの味が、とろけるように舌の上を転がっていく。

全く未知の体験!

イカの水揚げ量日本一の八戸出身だけど、もはや呼子と福岡に魂を売るレベル!

ゲソの部分は「あと造り」として天ぷらや塩焼きにして食べる。

今回は、天ぷらにしたのだけど、確かにイカの食感だけど、柔らかめでイカの美味しさがいつも以上に感じられる天ぷらだった。

天つゆでも塩でも美味しい。

 

透明なイカが輝くクリスタル寿司

「クリスタル寿司!?なんだそりゃ!」って感じだったけど、目の前に出されると納得!

イカがめっちゃ透明でシャリが透けてて、もう輝いているレベル!

コリコリ感とイカの味がじわっと美味しい。

活き造り同様に醤油でも塩でも味わえるし、しかも、イカの部位によって少しずつ食感や味の濃さが変化するので食べていて楽しい。

これも勧められて食べたメニュー。

蓋を開けると出てきたのは「いかしゅうまい」。

イカの繊細な味わいが残っている焼売は、ビールよりも日本酒に合う感じで深みがあって美味しい。

このとき既に佐賀の「東一(あずまいち)」という日本酒を飲んでいたけど、それにぴったりの味だった。

 

お土産のいかせんべい

帰りには、「烏賊新聞」で包装されたお土産を持たされた。

中身は「いかせんべい」で、普通に食べたらめっちゃお酒が飲みたくなる味だった(笑)

いかだから当たり前か。

 

今回八戸出身の自分が福岡で食べた「いか」だったが、人生で最高に美味しい「いか」だった気がする。

「河太郎」の呼子のいかに惚れ込んで、いかにとことんこだわり抜かれた料理は、福岡に来たら食べるべき料理だし、これだけブランドに育てることは八戸ももっと学ぶべきだと思った。

そして、このいかを食べてしまった自分は完全に魂を売ってしまった気がする(笑)

河太郎 中洲本店

営業時間:12:00~14:30/17:30~23:00
電話:092-271-2133
URL : http://www.kawatarou.jp
住所:福岡県福岡市博多区中洲1-6-6

コメントを残す

2018-10-11 | Posted in 食べ物, 福岡 |キーワード : No Comments »  | 75 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。