oh! my ブログ

サン・セバスティアンのシーフード推しのバル「ゴイスアルギ」のタパスがめちゃ美味い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分は港町の青森県の八戸出身ということもあって、どちらかと言うとお肉よりも魚介類派だ。

バスクの中で山と川の街のビルバオに対して、サン・セバスティアンは海に面していて魚介類が美味しく、シーフードのタパスやピンチョスを出すお店がいっぱいある。

昨日紹介した「ラ・メヒジョミラ」もその一つで、それ以外のバルでも色々なシーフードの料理が食べられる。

今回の滞在中も、訪れたバルではやはり魚介類系の料理に目がいっていた。

こんなエビのフリットもプリプリで美味しい。

 

シーフード推しの人気バル「ゴイスアルギ」

「ゴイスアルギ」もそんなサン・セバスティアンのシーフードのタパスが食べられる人気バルの一つ。

いつも混んでいたんだけど、2日目の昼過ぎに一度お客さんが引いていたので、このタイミングしかないと思って入店。

他のバルと同じく間口が狭いくて、奥はちょっと広がっているけれど、そんなに人が入るほど広くないバルだ。

まずは、シーフードと相性抜群なバスク地方の微発泡ワインのチャコリを注文。

めっちゃ高いところから注ぐ。

多分、こうすることで空気と触れて飲みやすくしているんだと思う。

シーフード推しだけど、それ以外のタパスやピンチョスも美味しい。

日本人の家族連れが先に飲んでたので、何が美味しかったかを聞きつつカウンターに並ぶピンチョスを見渡す。

どれも美味しそう。

カウンターに並ぶシーフードやお肉は調理前のもので、注文してから火を通したり、仕上げたりする。

 

シーフードのタパスやピンチョスが美味しい!

注文したのは海老の串焼きとカニ味噌のムース。

海老の串焼きは、ガーリックソースがエビの美味しさを引き立てていてすごく美味しい。

チャングローという毛蟹を使ったカニ味噌は、すごく濃厚でまろやかな味がした。

タマネギらしい甘みもあって美味しい。

Goiz-Argi – ゴイサルギ

営業時間:10:00~16:00/18:30~23:30
電話:+34 943 42 52 04
住所:Fermin Calbeton Kalea, 4, 20003 Donostia, Gipuzkoa, Spain

 

「ゴイスアルギ」のシーフードのピンチョスやタパスは、もちろん素材自体も美味しいのだけど、しっかりと魚介類の味を引き立てる調理がしてあって本当に美味しかった。

バルのスタッフさんも明るくて居心地が良く、あとエビやカニなんかの単語は日本語が通じるので、そう言う意味でもちょっとオススメできる。

そう言えば、泊まっていたホステル脇で桜が咲いてた。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。