oh! my ブログ

現代建築

ポルトガルの首都リスボンで観るべきアルヴァロ・シザやカラトラバなどによる現代建築4選。

ポルトガル第二の都市ポルトは、アルヴァロ・シザの地元ということもあり、アルヴァロ・シザの建築だったり、シザがコンペの審査員を務めたレム・コールハース率いるOMAによるカーサ・ダ・ムジカがあったりする。...続きを読む >

アルヴァロ・シザ設計で自身が教授も務める「ポルト大学建築学部棟」は白さが美しい建築だった。

「カーサ・ダ・ムジカ」と「ボウサ・ハウジング」を観てポルトガル・ポルト初日が終わった。 幸先良いスタートと思って朝起きたら曇ってるがな… とはいうものの、次の日はポルトからリスボンに移動す...続きを読む >

アルヴァロ・シザが70年代に手掛けたポルトにある集合住宅「ボウサ・ハウジング」を訪ねる。

2度目のポルトガル・ポルト。 前回来たときは、バスなど公共交通機関を把握できていなかったのもあるけど、結構雨風が強くて、雨が上がったちょっとの時間しか街を回ることができなかった。 だから、本当は観たか...続きを読む >

ポルトにあるレム・コールハース率いるOMAが手掛けた音楽ホール「カーサ・ダ・ムジカ」を再訪。

スペイン北西部、ガリシア地方の街「ア・コルーニャ」を訪れた次の日、長距離バスで向かったのはポルトガル第二の街、ポルト。 3年半前にもアルヴァロ・シザの建築を観るために訪れた街だ。 前回は雨で全然回るこ...続きを読む >

ア・コルーニャにある磯崎新氏設計の「ドムス (Domus) ア・コルーニャ人間科学館」を訪ねる。

バレアレス諸島のマヨルカ島に滞在した後は、本来ならばバレンシアに向かう予定だった。 で、明日からアルジェリアに行く予定だったのだけど、ビザ取得のハードルが高すぎて、結局ビザを取れず、急遽予定を変更。 ...続きを読む >

磯崎新氏の設計による「ロサンゼルス現代美術館」がLAのダウンタウンでも大きな存在感!

フランク・O・ゲーリーの「ウォルト・ディズニー・コンサートホール」を観たあとは、その目と鼻の先にある「ロサンゼルス現代美術館」、通称「MOCA」を訪れた。 この「MOCA」自体は、ゲフィン現代美術館と...続きを読む >

LAのダウンタウンにあるホセ・ラファエル・モネオによる「天使のマリア大聖堂」が美しい。

フェニックスで友人の家に2泊した後、飛行機でロサンゼルスに到着。 ダウンタウンのリトルトーキョーにホテルに着いた頃には夕方な感じ。 そんなに時間はないけど、とりあえずは荷物を置いて出かけることにした。...続きを読む >

ダニエル・リベスキンドによるデコンストラクション建築「現代ユダヤ美術館」が奇抜過ぎる!

「サンフランシスコ近代美術館(SFMoMA)」や「ヤーバブエナガーデン視覚芸術センター(YBCA)」のすぐ近くにもう一つおもしろい建築がある。 脱構築主義の建築家として知られているダニエル・リベスキン...続きを読む >

槇文彦氏による日本的な建築「ヤーバブエナガーデン視覚芸術センター(YBCA)」を訪問。

サンフランシスコ近代美術館・通称「SFMoMA」を観た後は、隣接するヤーバ・ブエナ・ガーデンズにある槇文彦氏の設計の建築を訪ねた。 SFMoMAから歩いても2,3分、訪れたのは「ヤーバブエナガーデン視...続きを読む >

マリオ・ボッタが手掛けスノヘッタが拡張工事を担当した「サンフランシスコ近代美術館」。

日付的には昨日LAを出発し、今日成田着で帰国。 ポートランドの後は飛行機でサンフランシスコに移動。 1習慣前にトランジットで訪れたサンフランシスコにまたまた降り立つ。 ダウンタウンのゲストハウスに荷物...続きを読む >

1 2 3 4 5 6