oh! my ブログ

モダニズム

有機的なHPシェル構造の屋根が美しいフェリックス・キャンデラの「サンタ・モニカ教会」を訪問。

ラ・メダージャ・ミラグロサ教会からタクシーで15分程の距離にある「サンタ・モニカ教会」もフェリックス・キャンデラの建築だ。 観光地っぽい場所に全く行かないのでタクシーの運転手もわからない建築が多いのだ...続きを読む >

一体になった屋根と柱が空間を作るフェリックス・キャンデラの「ラ・メダージャ・ミラグロサ教会」

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂を見学したその足で向かった次のフェリックス・キャンデラの作品は「ラ・メダージャ・ミラグロサ教会」だ。 メトロ3号線のDivisión del Norte駅から徒...続きを読む >

HPシェル構造の屋根がおもしろいフェリックス・キャンデラの「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂」

メキシコ国立自治大学(UNAM)のフェリックス・キャンデラ建築、宇宙線研究所を見た後に向かったのは彼の初期の作品である「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂」だ。 メトロ3号線Miguel Áng...続きを読む >

20世紀最高の宗教建築の一つ。ルイス・バラガンの「トゥラルパンの礼拝堂」(カプチーナス礼拝堂)を訪ねる。

ルイス・バラガン建築を巡るメキシコへの旅、次は20世紀最高の宗教建築の一つと言われる「トゥラルパンの礼拝堂」(カプチーナス礼拝堂)を訪ねた。 ルイス・バラガン邸と仕事場やヒラルディ邸と並んで安藤忠雄氏...続きを読む >

巨匠ルイス・バラガン後期の名作住宅「ヒラルディ邸」がフォトジェニックで綺麗過ぎる!

ルイス・バラガン邸と仕事場を訪れた後は、そこから徒歩15分くらいの距離にあるまたまたルイス・バラガン後期の名作住宅「ヒラルディ邸」を訪ねた。 「ヒラルディ邸」はルイス・バラガン最後の作品となり最高傑作...続きを読む >

メキシコ・シティにある世界遺産。巨匠ルイス・バラガンの「ルイス・バラガン邸と仕事場」を訪問。

ルイス・バラガンのサテライトタワーやサン・クリストバルの厩舎はUBERのお陰などで意外に簡単に見にいくことができた。 その勢いで世界遺産でもある「ルイス・バラガン邸と仕事場」の見学するために予約のメー...続きを読む >

モダニズム初期の名作!オットー・ワーグナー設計の「オーストリア郵便貯金局」が思いの外素晴しかった!

うちのオカンを連れて朝早くから観光した後、近くにオットー・ワーグナー設計の「オーストリア郵便貯金銀行」があったので行って来た。 このオットー・ワーグナー設計の建築は学生時代の講義で出てきたのだが、モダ...続きを読む >

東京・上野の「国立西洋美術館」が世界遺産に登録!ル・コルビュジエの7カ国の17の建築が一括登録へ!

トルコ・イスタンブールで開催されているユネスコ世界遺産委員会で、東京都上野の上野公園にある「国立西洋美術館」を含む7カ国の17の建築が「ル・コルビュジエの建築作品」として世界文化遺産への登録の正式に決...続きを読む >

ル・コルビュジエ後期の代表作「ラ・トゥーレット修道院」はダイナミックなモダニズムを感じさせる建築だった。

フランス、リヨンからTERの各駅停車で30分くらい、すごく小さなラルブレル(L’Arbresle)の駅に向かう。 この日はリヨンから遠出して、観たかったル・コルビュジエの「ラ・トゥーレット...続きを読む >

ル・コルビュジエ後期の傑作「ロンシャンの礼拝堂」は大胆さと静寂が共存する神秘的な美さの建築だった。

ユトレヒトを出た後は、アムステルダムに戻ってタリスでパリ、そしてTGVでブサンソンという街へ向かい1泊してベルフォール、念願のロンシャンへ到着。 ロンシャンで見たいのはもちろんル・コルビュジエ後期の傑...続きを読む >