oh! my ブログ

2018.07.22

高速を使わず下道でゆっくりドライブしながら寄りたい沖縄本島中部の観光スポット7選。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の沖縄はバスケ合宿もあったので、みんなでワイワイ。

初沖縄の人もいたのでドライブ気分で沖縄本島を観光した。

沖縄本島観光だと、名護や本部町、今帰仁村の雰囲気がいいからそこまで高速使って行っちゃう人も多いハズ。

僕らももともとその予定だったけど、台風で慶良間諸島に渡れなかった時にも沖縄本島中部を車でまわった。

そんな沖縄本島中部の観光スポットを紹介。

 

1.バスケコートがある「アラハビーチ」

北谷町の安良波公園にあるアラハビーチは、なんとなくカリフォルニア、ロスみたいな雰囲気。

バスケ好きな人は知ってると思うけど、バスケットコートがあって、気軽にバスケが楽しめる。

沖縄のめっちゃ上手い人や外国人と3on3ができるかも。

今回訪れた時は、そもそも外用のバッシュ持って来てないからプレイしてない…

アラハビーチ

住所:沖縄県中頭郡北谷町北谷2−21

 

2.食事や買い物も楽しめる「美浜アメリカンビレッジ」

アハラビーチのすぐ近くの美浜地区にあるのが、美浜アメリカンビレッジ。

レストランやカフェ、ショップやギャラリー、ライブハウスなどがある複合リゾート施設。

遊んで買い物してご飯食べるなどなんでも楽しめる。

美浜アメリカンビレッジ

住所:沖縄県中頭郡北谷町美浜15-69

 

3.車で離島を渡る「海中道路」

うるま市にある海中道路は、浜比嘉島、平安座島、宮城島、伊計島など4つの離島に車に乗ったままアクセスできる道路だ。

左右を綺麗な海に囲まれてドライブができるので、運転が好きな人にはピッタリだと思う。

4つの離島はシュノーケリングしようと思っても、駐車料金払って結構限られた範囲しか泳げないし、結構気軽な感じじゃないっぽい。

サーフィンができるスポットがある。

海中道路

 

4.色々な陶芸家の工房がある「やちむんの里」

読谷村にある「やむちんの里」は、伝統的な焼き物である読谷焼「やちむん」の工房が集まるスポット。

特に読谷山焼共同窯は、やちむんの里を象徴する建物だ。

お気に入りの焼き物を探しに行ってみるのがいい。

やちむんの里

住所:沖縄県中頭郡読谷村座喜味2653-1

 

5.昔ながらの沖縄を体験できる「琉球村」

昔ながらの沖縄、琉球を体験できる「琉球村」には、赤瓦の琉球古民家が立ち並び、伝統工芸体験や伝統舞踊エイサーを見たり、踊ったりして楽しむことができる。

ちょうど3年前には、友人の結婚式でここに来てみんなで飲んで踊って楽しかった。

またみんなで行きたい。

琉球村

開館時間:9:00~18:00
電話:098-965-1234
URL : https://www.ryukyumura.co.jp
住所:沖縄県 国頭郡恩納村山田1130

 

6.青の洞窟がある「真栄田岬」

以前、青の洞窟シュノーケリングのアクティビティで訪れた真栄田岬は、ダイビングなども楽しめるスポットで初心者でも楽しめる場所の一つ。

沖縄の青の洞窟でシュノーケリング、瀬底島からパラセーリングやったら意外に楽しかった!

真栄田岬

URL : http://www.maedamisaki.jp
住所:沖縄県国頭郡恩納村真栄田469-1

 

7.絶景スポット「万座毛」

像のような形の岩がダイナミックな「万座毛」は、眼下の透明度の高い海も含めて迫力のある絶景スポットだ。

今回は滞在時間20分くらいだったけど、せっかくなので行ってみた。

万座毛

 

今回紹介した観光スポットは良くあるベターな場所を紹介している。

いつも離島ばっかりで沖縄本島は空港やせんべろばかりだけど、もっとツウなスポットや美味しい沖縄そばのお店など機会があれば探して行ってみたいと思う。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。