oh! my ブログ

バルセロナのゴシック地区にある老舗レストラン「ロス・カラコレス」へ行って来た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事も含めて約1ヶ月にわたるフランス、イタリア、スペイン、ポルトガルのヨーロッパ滞在の最後の夜。

本当は「世界一予約が取れないレストラン」と呼ばれていたエル・ブジから派生した分子ガストロノミーのお店「ディスフルタール」で夕食を取りたかったんだけど、残念ながら予約いっぱいであきらめることになった。

昼にいっぱい食べたのにもう夕食時でお腹が空いた。

ランブラス通りを抜けて、なのでなんやかんやで滞在中毎日来ているバルセロナ旧市街のゴシック地区のレストランへ向かう。

 

1835年創業の老舗カタルーニャ料理レストラン「ロス・カラコレス」

レイアール広場から少し入ったところの角地に、外でチキンを焼いているお店がある。

この「ロス・カラコレス」というレストランは、1835年創業のカタルーニャ料理の老舗レストランだ。

リアルに外でチキンを焼いている。

お店に入って案内されるのは、なんと厨房の中を横切っていくテーブル。

パエリアを炊いている様子を観ることができる。

 

歴史を感じる店内の雰囲気

重厚なインテリアが、厨房を抜けると歴史を感じさせてくれる。

ここはアナザースカイか何かで見たことがある席だ。

案内されたのは、2階のテーブル席。

店構えからは伺えないが、中に入ると相当広くてかなりの席数がある。

 

美味しいカタルーニャ料理を味わう

ウエイターさんにこのお店のおすすめを聞いて注文。

サラダ以外で最初に出てきたのは、このお店の名前であるロス・カラコレス(かたつむり)の名前の通り、エスカルゴ。

自家製デミグラスソースでぬこまれたエスカルゴは、その見た目の割にあっさりとした味わいで、貝とも似ている美味しさ。

おすすめのスペシャルパエリアは、魚介の出汁がしっかり出ていて、旨味をしっかりと感じられて美味しい。

濃厚な味わいで白ワインとも良くあう。

お店の外で焼いているローストチキンもおすすめ。

あっさりな塩味がチキンの旨味をちょうど良く引き出していて美味しい。

21時近くになると広い店内は、ほぼ満席状態だった。

それだけ人気ということだろう。

 

ディスフルタールに行けなかったのは残念だが、バルセロナ最後の晩餐を「ロス・カラコレス」にして正解だった。

お店一押しのメニューは、酒飲みな自分達にはピッタリでどれも美味しかった。

バルセロナは美味しいレストランがいっぱいあるので、次回訪れたらまた色々開拓して見たいと思う。

Los Caracoles – ロス・カラコレス

営業時間:13:15~24:00
電話:+34 933 01 20 41
URL : http://www.loscaracoles.es
予約URL : https://www.restaurantes.com/restaurante-los-caracoles
住所:Carrer dels Escudellers, 14, 08002 Barcelona, Spain

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。