oh! my ブログ

トリップアドバイザーの水族館ランキングで世界No.1にもなった「リスボン水族館」に行ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リスボンでは建築を観ること以外にも行きたいところがあった。

サンティアゴ・カラトラバが手掛けた「オリエンテ駅」やアルヴァロ・シザによる「リスボン万博1998・ポルトガル館」などがあるウォーターフロントには、トリップアドバイザーの水族館ランキングで世界No.1にもなった「リスボン水族館」がある。

世界No.1と言われると行かない訳にはいかない。

 

2015年のトリップアドバイザーの水族館ランキングで世界No.1

1998年の万博会場として建設されたリスボン水族館は、2015年のトリップアドバイザーの水族館ランキングで世界No.1になった注目の観光スポットだ。

このリスボン水族館を設計したのは、大阪にある世界最大級の水族館・海遊館も設計したピーター・シャーメイエフだ。

相当大きいとは聞いていたが、やはり外観からして巨大だ。

チケットを買うのに行列ができていて、15分くらいかかった。

その分人気らしくて期待大だ!

中に入ると水族館っぽくないちゃんとした建築と言う感じで、美術館かのような気もしてくる。

企画展のスペースはポルトガルの伝統的なタイルを使った壁面がクール。

 

天野尚氏のネイチャーアクアリウム

企画展の棟の最上階には、「すみだ水族館」の水草水槽のレイアウトを手掛け、水景クリエーターとして世界的な評価を得ている天野尚氏によるネイチャーアクアリウムがある。

その人気は凄まじく、リスボン水族館に世界中から観光客を呼んでいるようだった。

純粋な水景の美しさもあるし、日本的な雰囲気もあっておもしろい。

世界各国から訪れる観光客が足を止めて見入っていた。

 

世界4位の巨大水槽が大迫力!

この大きな渡り廊下を渡って海上に突き出ている水族館の本館に向かう。

入った瞬間に現れるのが世界4位と言われる巨大水槽。

この巨大水槽を取り囲むように動線が作られていて、明快な建築でその迫力を最大限味わえるようになっている。

その巨大水槽の中には、イワシの群れやサメ、マンタなど水族館で人気の魚を各方向から眺めることができる。

サメはこんな感じで大きくて迫力があった。

1階、2階両方から色々な角度で楽しめる。

水槽自体も大きいだけではなくて色々な場所が作られていて見ていて楽しい。

水槽内で色々な地形が再現されている。

それによっている魚が全然違って楽しい。

 

自然の環境を再現した展示方法

巨大水槽の周りには水の中だけでなく、岩場など外の環境を再現してリアリティのある展示がしてある。

ペンギンが可愛いとかだけじゃなく、雪を再現してあったり、冷やっとする寒さの空間があったりととてもおもしろい。

1階の巨大水槽の周囲には、世界中の色々な地域の海を再現した小さい水槽がいっぱい。

南国の海だとクマノミは定番だね!

 

Yousuke Ohmaeさん(@13_yousuke)がシェアした投稿

Instagramには動画もアップしてます!

 

世界No.1でもある「リスボン水族館」は、その期待の上を行く水族館だった。

もちろん水族館として色々な魚が見られるのだけど、動線や空間の作り方、展示の見せ方なんかもデザインされている様子がすごく良かった。

同じピーター・シャーメイエフが設計した大阪の海遊館を観て比べたくなった。

Oceanário de Lisboa – リスボン水族館

開館時間:10:00~18:00
電話:+351 21 891 7000
URL : http://www.oceanario.pt
住所:Esplanada Dom Carlos I s/nº, 1990-005 Lisboa, Portugal

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。