oh! my ブログ

札幌近郊のキロロリゾートにある雪と氷でできたホテル「アイススターホテル」が凄過ぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

安藤忠雄氏が設計した「頭大仏殿」を見て、頭大仏とモアイ地蔵に驚愕した後は、車をさらに走らせ小樽方面へ向かう。

次に訪れたのは札幌と小樽の近郊にあるキロロリゾート。

札幌から近くて雪質がいいスキー場でスキーやスノボを楽しめる人気のスキーリゾートだ。

外に出ると雪も降り出し、めちゃくちゃに寒い。

ずっと車の中にいたい気分だ(笑)

 

雪と氷のホテル「アイススターホテル」

ここキロロリゾートにはこの冬から冬季限定で、雪と氷でできた「アイススターホテル」というユニークな場所がある。

今回はこの「アイススターホテル」を体験してみようということで来た。

もちろん宿泊予約をしている訳ではないので「アイスレストラン」から入った。

そしたら、たまたまこの場に居合わせたこのアイススターホテルのマネージャーさんと話をすることができた。

そのお陰でアイススターホテル内を案内してもらうことができた。

 

氷の上で眠る「アイスホテル」

この日までの営業だったようで予約はなしだったらしく、中を見ることができた。

基本的にはこの部屋は寒すぎて一晩いるのは不可能らしく、キロロリゾートの客室に泊まっている人でないと予約ができないらしい。

そりゃそーだ(笑)

 

氷の椅子とテーブルにはベッドと同じように毛皮が敷いてある。

旭川の家具ブランド「カンディハウス」の形が変わるユニークな椅子もある。

雪と氷の中に木の温もりを感じることができる。

 

美味しい料理や氷のカクテルを楽しむ「アイスレストラン」

最初に入った「アイスレストラン」は、美味しい料理や氷のカクテルを楽しむことができる。

氷に仕込まれたブルーライトが幻想的。

アイスホテルと同じように氷の椅子には毛皮、テーブルには木の板が敷かれている。

訪れた時には来年の宣伝用にモデルさんの撮影が行われていた。

見たことあるモデルさんだけど誰だっけ!?

ブルーに輝くバーカウンターがかっこいい。

氷のグラスに入ったカクテルを注文。

火を付けてもらってさらに幻想的にしてもらった。

今まで見たことがないような飲み物だ!

だけど、氷でできているから素手で持つとメチャクチャ冷たい!

普通に持てないのでおしぼりで包んで持つ(笑)

普段はちゃんと温かいメニューもあるみたい!

 

氷の中で熱くなる「アイスバー」

アイスホテルの隣にはアイスバーが。

紫色の光が空間を包んでムードがあるアイスバー。

氷で包まれた照明がおしゃれ。

ここがダンスフロアになるとは、すごくかっこいいのでは!

DJブースもある。

ただ、DJ機材や会計用の機材など0℃以下での動作を保証していないので、動かなくなることもあるのだそうだ。

そりゃそーだ、iPhoneとかも冬の八戸で外で使うと反応悪くなるもんね。

ちなみに日本酒メーカーの「白鹿」とコラボ。

 

今年はもう営業終了ということで完全な姿を見られた訳でなかったけれど、凄い体験ができることがわかった。

アイスホテルに宿泊するかどうかは別として、アイスレストランで食事して、アイスバーでお酒を飲むだけでも絶対に楽しいと思う。

毎年色々な場所を転々としていたが、来年も同じ場所で開催するということで、キロロリゾートに宿泊して「アイススターホテル」を楽しんでみたい!

キロロリゾート

電話:0135-34-7111
URL : https://www.kiroro.co.jp
住所:〒046-0571 北海道余市郡赤井川村常盤128−1

アイススターホテル

URL : http://icestarhotel.com
住所:〒046-0571 北海道余市郡赤井川村常盤

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。