oh! my ブログ

2018.01.11

中目黒の隠れ家的なカフェ「ファイブスターカフェ」で美味しい海南チキンライスを食べる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、欲しい本があったので午前中に代官山の蔦屋書店に立ち寄った後、12月に行った東南アジア旅のお土産を友人に渡すので中目黒でランチすることになった。

本を購入して中目黒まで歩く。

中目黒と代官山はめっちゃ近いし、歩いていて気持ちがいいので代官山で働いていたときからよく歩いていた。

中目黒でどこに行こうかなと悩んだ結果、行ったことがない場所に行ってみようと思って、前々から行きたいと思って意外に行ったことがない「ファイブスターカフェ」に行ってみることにした。

 

隠れ家的なシンガポール料理のカフェ「ファイブスターカフェ」

中目黒駅からほど近い住宅街の中にある「ファイブスターカフェ(五星鶏飯)」は、もともと工場だった築45年の建物をリノベーションした隠れ家的なカフェだ。

外観は中目黒的なおしゃれさとアジアンチックな雰囲気で、中に入っても同じように雰囲気がいい。

蟹を煮込んだチリクラブやホッケンミー、ラクサなどシンガポール料理を中心に、アジア・エスニック料理が美味しいと言われるお店で結構な人気がある。

周りは近所のママ友同士のお客さんが多いみたい。

 

シンガポールの国民食「海南チキンライス」

肉骨茶(バクテー)とか中華粥(ポリッジ)と美味しそうなランチメニューがあったけど、注文したのはやっぱり一番人気のシンガポールの国民食とも言われる「海南チキンライス(南海鶏飯)」。

柔らかく茹でた鶏肉とその鶏の出汁で炊いたジャスミンライス、薬膳卵、そしてパクチーと美味しいものが一皿で食べられる。

ちなみに海南チキンライスとカオマンガイは基本的には同じもので、タレが違うのだそう。

ファイブスターカフェだと海南チキンライスなので、3種類のタレを使い分けて味の違いを楽しむ。

どちらかと言うと現地っぽい味と言うよりは、日本的な繊細さがある感じになっている。

鶏がらスープ付きでほっこり癒される。

プラス150円でハーバルスープと言われる薬膳スープに変更できるらしい。

 

初めて行ったファイブスターカフェだったがまた行きたいと思えるお店だった。

ディナーメニューには、チリクラブやホッケンミー、ラクサの他にも水餃子やピータン豆腐、生春巻きなどお酒の進む料理がいっぱいあったので夜の時間にも行ってみたくなった。

ファイブスターカフェ – 五星鶏飯

営業時間:11:30~15:00/17:30~23:00
定休日:月曜日
電話:03-3760-7028
URL : http://www.golden-dining.com/fivestar/
住所:〒153-0051 東京都目黒区上目黒3丁目12−4

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。