oh! my ブログ

LAのダウンタウンにあるホセ・ラファエル・モネオによる「天使のマリア大聖堂」が美しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フェニックスで友人の家に2泊した後、飛行機でロサンゼルスに到着。

ダウンタウンのリトルトーキョーにホテルに着いた頃には夕方な感じ。

そんなに時間はないけど、とりあえずは荷物を置いて出かけることにした。

美術館とかはもう閉まる時間なので、向かったのは「天使のマリア大聖堂」。

 

ホセ・ラファエル・モネオによる「天使のマリア大聖堂」

ダウンタウンの北側にある「天使のマリア大聖堂」は、プリツカー賞を取ったこともあるスペインの建築家、ホセ・ラファエル・モネオによる設計だ。

この天使のマリア大聖堂は、世界で3番目に大きく、カトリックの教会としては全米で最も大きいのだそう。

ベージュのコンクリートがいかにもカリフォルニアらしい外観になっている。

 

巨大な空間に柔らかい光が差し込む

早速中へ入ってみた。

内部は柱もなく天井の高い巨大な空間があり、雪花石膏のパネルを通して柔らかい光が差し込んでいた。

教会建築はシンメトリーなことが多いが、天使のマリア大聖堂はアシンメトリーの構成で複雑な感じがする。

正面の十字架だけでなく横にも雪花石膏のパネルが設置してあり、巨大な祈りの空間を優しい光が包む。

照明もモダンで綺麗。

とにかくスケールが桁違いで6019本ものパイプオルガンがあり、約6,000人収容可能だ。

 

神聖な雰囲気の回廊

周囲には神聖な雰囲気の回廊があり、祭壇があったり色々なものを展示していたりする。

回廊に並ぶ祭壇は特別厳荘な感じがする。

回廊にもミサの声が響く。

4年の歳月をかけて2002年に完成した、天使のマリア大聖堂の工事中の様子が写真で展示されていた。

俯瞰で見るとこの教会が相当巨大なことがわかる。

 

地下にも続く空間

天使のマリア大聖堂は地下にも空間が続いている。

迷路のように広い地下空間だった。

 

「天使のマリア大聖堂」は、そのシンプルなファサードからは想像もできないほど、壮麗さ満ちた空間が広がっていた。

特に大空間に注ぐ光は美しく、いつまででもいれる。

基本的に一般の人も出入りでき、平日には無料の見学ツアーもあるので気軽に訪れてみるといいと思う。

Cathedral of Our Lady of the Angels – 天使のマリア大聖堂

電話:+1 213-680-5200
URL : http://www.olacathedral.org
住所:555 W Temple St, Los Angeles, CA 90012, USA

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。