oh! my ブログ

フランク・ロイド・ライトの「サークル・ギャラリー」がブティックになってたけどかっこいい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンフランシスコ滞在中は、ダウンタウンのユニオンスクエア近くに宿泊場所を確保していた。

飲食店も多くて便利なこともあるし、訪ねたい建築があるヤーバ・ブエナ・ガーデンズも近い。

そして、ユニオンスクエアすぐ近くにフランク・ロイド・ライトが設計した美術館があったんだけど、事前に調べたら既に閉鎖していた。

残念だなぁと思ったけど、外観だけでも見てみようと思って行って見た。

 

ブティックになって使われていた!

行ってみると、イタリア・ナポリ発祥のファッションブランドのアイザイア(ISAIA)のブティックになってオープンしていた。

重厚なレンガで覆われた面に円形のエントランスだけが開いている閉鎖的なファサードが、ガラス張りのビルが多いダウンタウンに置いて異色に見える。

アイザイアのロゴと原付のベスパの赤がアクセントになって、これはこれでいい感じ。

アーチ状のエントランスから中の入る。

片側は植栽があり、内部をみることができるガラス貼りになっている。

 

螺旋状のスロープが特徴的

ニューヨークのソロモン・グッゲンハイム美術館の原型にもなった螺旋状のスロープが中央の吹き抜けの空間を囲む。

中央に求心的な空間になっていて、美術館だったことも想像できるし、ブティックとしても非常にいい空間だと思った。

元はサークル・ギャラリーという名前だっただけあって、円をモチーフにした空間やインテリア、家具のデザインが施してある。

吹き抜けを螺旋状にぐるっと一周しているスロープを昇っていくと、劇的な空間体験が得られる。

吹き抜けの空間を取り囲むように2階の空間が作ってある。

やはりソロモン・グッゲンハイム美術館と似ている。

 

赤や円をコンセプトにしたインテリアデザイン

スロープだけじゃなく、円形の開口部があるし、天井も円形の光天井になっていて、円のモチーフが徹底されている。

ライトのデザインしたインテリアや家具も赤がアクセントとして用いられている。

ゴードン・ハウス」のように水平にラインが出てくるように意識されている。

多分後からデザインされたブティックとしてのインテリアも、ライトの建築をリスペクトしているようなデザインだった。

 

一度は見られなくて残念と思った「サークル・ギャラリー」だったけど、ブティックとしてだが観られて良かった。

それにフランク・ロイド・ライトらしさやソロモン・グッゲンハイム美術館の原型のような感じがしておもしろかった。

アメリカはライトの建築をいっぱい観られて楽しい。

CIRCLE GALLERY (XANADU GALLERY) – サークルギャラリー

住所:140 Maiden Ln, San Francisco, CA 94108, USA

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。