oh! my ブログ

マリオ・ボッタが手掛けスノヘッタが拡張工事を担当した「サンフランシスコ近代美術館」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日付的には昨日LAを出発し、今日成田着で帰国。

ポートランドの後は飛行機でサンフランシスコに移動。

1習慣前にトランジットで訪れたサンフランシスコにまたまた降り立つ。

ダウンタウンのゲストハウスに荷物を置いて、ダウンタウン周辺の建築を見て回ることに。

 

サンフランシスコ近代美術館・通称「SFMoMA」

最初に訪れたのはヤーバ・ブエナ・ガーデンに隣接する場所にあるサンフランシスコ近代美術館・通称「SFMoMA」だ。

現在の場所に移転した1995年にマリオ・ボッタの設計でオープンし、昨年2016に北欧の建築家ユニット、スノヘッタの設計で拡張され、リニューアルされた。

レンガに覆われた正面エントランスのあるヤーバ・ブエナ・ガーデンがいかにもマリオ・ボッタらしい。

反対側のFRPで覆われた氷山や地形のようなファサードは、スノヘッタのデザイン。

テラスなどのランドスケープと共に考えられたデザインでもある。

 

マリオ・ボッタ的なシリンダー状のヴォイド

正面エントランスを入ると大きな吹き抜けの空間が迎えてくれる。

マリオ・ボッタの建築にしばしば見られるシリンダー状のヴォイドが強調され、ドラマティックな空間に。

上を見上げる。

 

スノヘッタが再構成した変化に跳んだ展示空間

スノヘッタによるファサード側にある階段状の空間がある天井の高いエントランスには、リチャード・セラの巨大な彫刻が出迎える。

両方のエントランスから交差するホワイエのような空間はシームレスにつながっている。

ミュージアムショップなどがあり、ここからエレベーターや階段で各階の展示室に移動する。

 

明るく随所に抜けのある展示空間

とりあえずエレベーターで最上階から見ることにした。

広く天井の高い空間には最新の現代アートが展示されている。

窓の外には高層ビル群があり、サンフランシスコという大都会らしい景色だ。

最上階から階段で降りながら各階を回る。

明るいエレベーターホール。

明るく天井の高い展示空間が続く。

ファサードに面する空間は大きな窓から自然光も入る。

階段により縦につながる空間はトップライトからの光が曲面の壁が柔らかく光を反射して明るい。

六本木ヒルズにもあるルイーズ・ブルジョアの蜘蛛のアートもあった。

その先に進むとシリンダー状のヴォイドの上部に。

 

気持ちいい外部空間

ガラス貼りの渡り廊下を渡るとカフェのあるテラスに続いている。

テラスは、屋外アートが設置され都市の中の公園のような雰囲気だ。

ミュージアムカフェも大きなビルの中ではなく、公園の中にあるような雰囲気で明るく居心地がいい。

スノヘッタらしく、建築だけでなくランドスケープとの関係もデザインされている。

 

サンフランシスコ近代美術館、通称「SFMoMA」は高層ビルがひしめくサンフランシスコのダウンタウンにありながら、公園のような広々とした感覚が楽しめる場所だった。

マリオ・ボッタ的な求心力のあるシリンダーも良いが、スノヘッタのランドスケープとの一体感も気に入った。

スノヘッタの建築を観るのは初めてだったが、今度は北欧に建築探訪に出掛けたくなった。

SFMoMA / San Francisco Museum of Modern Art – サンフランシスコ近代美術館

開館時間:10:00~17:00(木曜日~21:00)
休館日:水曜日
入館料:$25
電話:+1 415-357-4000
URL : https://www.sfmoma.org
住所 : 151 3rd St, San Francisco, CA 94103 USA

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。