oh! my ブログ

ニューカレドニアのヌメアから片道5分で到着する無人島「カナール島」が手軽で楽しいのでオススメ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チバウ文化センター」を後にして、案内してくれた現地在住の日本人のMさんの旦那さんのお店でランチ。

折角晴れているのでシュノーケリングしたいよね、という話になりまた離島に行くことにした。

とは言え、夜中のフライトなので近くの島がいい。

そこで前日に行ったメトル島の手前にある更に近い無人島「カナール島」に向かった。

 

気軽に行ける無人島「カナール島」

向こう側に渡ってきたビーチが見えるほど近い無人島「カナール島」。

この小さいタクシーボートで、たった5分しかかからないのですごく気軽に行ける。

しかも小さいながらもグラスボートになっているので、上陸間際に船底から海中を観察することができる。

ハイシーズンではないが観光客もいっぱい。

フランス人だけでなく日本人も結構多い。

 

小さいながらも充実した施設がある

カナル島の島内には、トイレだけでなくバーやレストラン、マリンショップなど小さいながらも充実した施設がある。

ビーチベッドなんかは今回は無料のようだったが、ハイシーズンになると高いんだろうと思う。

いかにも南太平洋のリゾートと言った感じの雰囲気。

奥にはバーカウンター、手前にはレストランの客席があり、開放的で気持ち良さそう。

 

シュノーケリングを楽しむ

風がちょっと寒いけれど、せっかくの晴れだしシュノーケリング開始。

周辺の流れが早くてちょっと泳ぎづらいけれど、魚やサンゴはいっぱい。

南国らしいカラフルな魚がいっぱい。

サイズも大きいものが多い。

前日の「メトル島」よりも透明度は落ちるが、それでもすごく綺麗。

サンゴのあたりには小さい魚がいっぱい。

ここでもウミガメ発見。

すごくデカイ!

スイスイと泳いで行ってしまった。

 

夕方16:00くらいには日差しも和らいできてちょっと肌寒くなり、観光客も減って島内のショップやバーのスタッフも帰り支度を始めた。

17:00に予約していた最終のタクシーボートでヌメアに戻った。

嬉しいことに案内してくれた現地の日本人Mさんのお宅に招いてもらいシャワーを貸してくれた。

深夜の帰りのフライト前にリフレッシュできて、スッキリした状態で飛行機に乗ることができた。

ありがとうございます!出会いに感謝!!

そんな感じで滞在中唯一晴れだったニューカレドニア最終日を心置きなく満喫することができた。

そんな感じでニューカレドニアはアイランドホッピングがおもしろい!

次はさらに足を伸ばしてイル・デ・パン行きたいなぁ〜。

Îlot Canard – カナール島

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。