oh! my ブログ

人工的な地形の公園が屋上って居心地いい横浜の「大さん橋」客船ターミナルがおもしろい!

ふらっと横浜に用事ができて、久しぶりにみなとみらい近辺に来た。

みなとみらいから馬車道、日本大通りのあたりは学生時代に卒業制作展のために1,2週間毎日通っていたので、愛着があるし懐かしい感じがする。

用事が早く終わったので、横浜のお気に入りの場所「大さん橋」客船ターミナルに久しぶりに行ってみた。

 

ダイナミックで人工的な地形の屋上公園

横浜港大さん橋国際客船ターミナル、通称「大さん橋」は2002年にオープン。

「大さん橋」は基本的には客船ターミナルなんだけど、屋上が公園として市民や観光客に解放されていて、すごく居心地がいい。

 

1994年に世界41ヵ国から660作品が応募し、当時日本では最大規模となった国際コンペで選ばれたのが、アレハンドロ・ザエラ・ポロ とファッシド・ムサヴィによるfoa案。

できる限りコンピュータで設計を行う、当時としては珍しい設計手法も注目を集めていた。

屋上の床がダイナミックで人工的に地形のようなデザイン。

高低差をスロープで移動したり、眺めが変化したりするので移動する楽しさがある。

ベンチに座って思い思いに過ごすことができるけど、前は芝生の部分に寝そべったりできたんだけどな。

 

大きい洞窟のようなホール

屋上の公園からトンネルのようなスロープを抜けていくと、客船ターミナルやイベントスペースとして使われているホールに行くことができる。

トンネルを抜けるような光の入り方が綺麗。

屋上のプレートが割れて現れたようなホールの入り口は、周囲は大きな階段で囲まれていて、ここで屋外ライブなどが行われることも。

蛇腹状の天井が柱のない大空間を作り出していて、巨大な洞窟のような空間。

ホールは柱などがないすっきりとした大空間で、幾何学が連続する天井がおもしろい。

 

立体的な造形がダイナミックで、建築とランドスケープが一体となったような「大さん橋」客船ターミナル。

建築としてのおもしろいさもあるし、ここから望む横浜みなとみらいの風景もいい感じ。

晴れた日にはとても気持ちいい場所なので、是非訪れてほしい。

みなとみらいに訪れたついででも、桜木町や中華街を歩き回って疲れた時の休憩にもこの屋上で休憩するのもいいかも知れない。

大さん橋 客船ターミナル

営業時間 : 9:00~21:30
電話 : 045-211-2304
URL : https://osanbashi.jp
住所 : 神奈川県横浜市中区海岸通1-1-4
アクセス : みなとみらい線「日本大通り」駅徒歩7分

コメントを残す

2017-08-12 | Posted in 建築・都市, 神奈川 |キーワード : No Comments »  | 49 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。