oh! my ブログ

2017.04.23

マルタは美味しいパスタやリゾット、魚介のイタリア料理がリーズナブルに食べられる天国だった!

Anciova (イルグジラ)を紹介した記事でも書いたけど、マルタは美味しいイタリア料理がいっぱいでしかも安い。

ナポリやシチリア島など南イタリアでは美味しいイタリア料理がリーズナブルに食べられるが、ミラノやローマだとそうも行かない。

そう思うと、マルタで魚介中心のイタリア料理を安価で食べた方がいいんじゃないかと思ってくる。

 

ヴァレッタで魚介のイタリア料理が美味しい「LVB」

ヴァレッタを散策中に見つけたLVBというレストランは店頭に飾ってあるシーフードを見て決めた。

リパブリック通りの近くはハンバーガー屋やアイリッシュパブなどが多かったけど、やっぱり海に囲まれたマルタだったらシーフードでしょってことで1本脇道に入った道でレストランを探した結果だ。

どれも美味しそう!

店員さんにオススメを聞いて注文。

目抜き通りから一本入ったところというのもあるし、既に14:00くらいだったので空いていた。

ブレッドはこのごまパンが出て来た。

特に何もしてなくても美味しいが、こればっかり食べてお腹がいっぱいになるわけにはいかない。

まずはイカやタコのフリット。

少しカレーの風味と特製のマヨネーズが美味しい。

イタリアンだけどイタリアにはない食べ方が斬新。

ムール貝ももちろん美味しい。

ウニのトマトクリームのスパゲッティはかなり美味い。

ただ、ウニの味はほんのりって感じでシーフード感は少ない。

普通のトマトクリームパスタと思えばレベルは超高い!

そして、白ワインとともに牡蠣を食す。

もちろん美味い!

3人で50€くらいとマジで安い!

LVB Restaurant

営業時間 : 10:00~23:00(日月水曜日 ~17:00)
電話 : +356 9926 3750
住所 : 65/66 Merchant street, Valletta, Malta

 

セント・ジュリアンには美味しいレストランがいっぱい!

セント・ジュリアンは入江沿いに雰囲気のいいレストランが軒を連ねている。

マルタからローマに発つ前のランチはこの辺で探す。

ちょっとした路地も雰囲気がいい入江の端っこのレストランが集中している中からチョイス。

Raffaelというレストランがマルタっぽい雰囲気だし良さげで入ってみることに。

日差しは強いけど海辺に近くて気持ち良さそうだったからテラス席に決定。

スタッフの一人が日本大好きらしく漢字のタトゥーを入れてた。

「空想」=Imagination ってことで割とマシな文字だった。

アボカドのサラダはチーズがいっぱいかかっていて贅沢。

魚介のリゾットはマリナーラと呼ぶらしいく、ペスカトーレ的な贅沢リゾットだった。

魚介の出汁が効いててめちゃくちゃ美味い!

マグロのトマト煮は漁師風と言ったところだろうか。

これは南イタリアのイタリア料理に近い感じで落ち着く味わい。

表面が硬いマルタのパンも切ってあれば普通のバケット的に食べることができた。

最後はジェラートで〆た。

美味いけど、相変わらずジェラートと普通のアイスの違いがわからん(笑)

Raffael Restaurant

営業時間 : 12:00~23:00
電話 : +356 2135 2000
URL : http://www.sangiulianorestaurant.com/
住所 : Triq ix Xatt Ta Spinola, San Ġiljan, Malta

 

ここに紹介したレストランは割とたまたま入ったお店だが、十二分に美味しかった。

それに南イタリアのイタリア料理にフレンチ的な要素が少し入っていて、マルタ独特のイタリア料理だと思う。

できればもっと長居していいレストランを探したい。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。