oh! my ブログ

2017.02.16

格安でLCCとフルキャリアの航空券を予約・購入する方法!格安チケットのお得な買い方。

Pocket
LINEで送る

旅行ガイドみたいなメディアやブログがいっぱいあるので今さら感が否めないけどいろんな人にしばしば聞かれるのが、安い航空券・チケットの買い方。

わざわざ記事にすることもないとは思ったけど、まとめておく。

 

航空会社のメルマガに登録 & SNSをチェック

航空券を安く買いたいのであれば買うときだけでなく、普段から情報が入るようにしておく必要がある。

そのためには乗りそうな航空会社のメールマガジンに登録しておいたり、会員登録しておくといい。

たまに普通のセールだけでなく会員限定のセールがあったり、セールを1日前から買うこともできたりする。

メルマガなんかだと、メールに気付かないことや迷惑メールに入ってしまうこともあるからFacebookやTwitter、InstagramなどSNSをフォローしておくといい。

 

セールで激安チケットをゲット!

LCCだと割と頻繁にセールを行っているが、フルキャリアの航空会社でもしばしばセールを行っている。

メルマガやSNSで事前にセールを把握しておけば格安のチケットを予約できる。

 

片道¥1,000以下の国内線チケット!

ジェットスターやバニラエア、春秋航空、ピーチなどLCC各社は割と頻繁にセールを行っていて、たまに片道¥1,000以下のセールもある。

新幹線に乗るのがバカらしくなるくらいだし、なんなら高速バスより安い!

 

国際線のチケットも激安!

国際線でもエアアジアなんかは年に4回のビックセールはとにかく安く、ジェットスターや春秋航空も香港や中国に往復¥20,000以下で行ける航空券が売られている。

一昨年に行ったタイはこのエアアジアのセールで往復¥18,000で取ったチケットだ。

 

フルキャリアの航空会社も安い!

安いのは何もLCCだけではない。

各フルキャリアの航空会社も定期的にセールを行っていて、メルマガやSNSを通して事前に知ることができる。

例えば、スペインフランスイタリアなどヨーロッパに行くときに頻繁に利用するカタール航空で、往復¥65,000以下で乗ることができたし、昨年のメキシコキューバに行くときに利用したアエロ・メヒコもリーズナブルだった。

過去にはアリタリア・イタリアでイタリア往復¥20,000という衝撃のセールもあったし、エールフランスやアメリカン航空などでも時折安い航空券が手に入る。

 

JALやANAでも早期割引でリーズナブルに!

JALやANAでもお得な航空券があることは、LCCも海外の航空会社も嫌だって人には良い情報だろう。

JALなら先得、ANAなら旅割と行ってキャンペーン中に前もって予約しておくと最大約80%以上の割引があったりとかなりお得なチケットがある。

先得も旅割も75日、55日、45日、28日前などがあり、それ以外にもANAなら旅割Xなどを上手く使うといい。

 

航空券が安い時期はいつか?

セールで破格の航空券が売られる時期はおおよそ旅行シーズンからずれている場合が多い。

明確に設定されていることはないし、日本以外にも渡航先の国の繁忙期や閑散期の影響もあるがおおよそ安い時期を紹介する。

基本的には一般の人が仕事が忙しい時期は旅行業界は閑散期なので安い感じ。

 

正月明け

クリスマスから正月にかけて需要が高まるためにそれが開けると閑散期になるため安くなりやすい。

 

4月上旬~中旬

3月は卒業旅行や引越しなど移動が多くなる時期だが、それを開けるとゴールデンウィークまでは閑散期になるためリーズナブルになる。

 

6月

日本の梅雨の時期は特に国内は安くなることが多い。

狙い目は6月下旬、既に梅雨明けした沖縄なんかは絶好のタイミングと言える。

 

連休を除く10月~11月

7~9月はみんなが休みが多いので旅行のハイシーズン・繁忙期となりその反動で10、11月は連休を外すと航空券はかなり安くなる。

実際、自分も毎年この時期にヨーロッパには行っている。

 

日程としては火・水曜に出発、到着にすると良い

また、航空券の予約で大事なのはフライトに乗る曜日だ。

金土日曜日はもちろん週末旅行が多いからで、月曜だと割と出張で飛行機に乗る人も多い。

曜日で見ると閑散期に当たるのは火・水曜となるためそこを狙うのも有効。

 

航空券を買うタイミングは2・3ヶ月前がベスト

航空券は直前に買うのはもちろん高いのだが、半年後など先のフライトの価格が決まっていないこともあるため早ければ早い方がいいというわけではない。

エアアジアのビックセールなど半年後のチケットが一番安い場合もあるが、おおよそ2・3ヶ月前がベストでその時期にセールを打つ航空会社が多い。

セールがなくてもJALやANAのように75日前割引が適応される場合も多いことがこの理由だ。

 

スカイスキャナーで航空券・チケットの価格を調べる

Via : https://www.skyscanner.jp

航空会社のセールをチェックしつつ実際に行きたい日程をスカイスキャナーで価格をチェック。

他にも日本だったらトラベルコちゃんExpediaSurprice、海外サイトならmomondocheapOairebookersなどあるが価格の把握などにはスカイスキャナーが使いやすいだろう。

スカイスキャナーで価格をチェックしたらその最安値のサイトをチェックするとともに該当の航空会社のサイトもチェックした方がいい。

航空会社のサイト上の方がさらに安かったり、特定のクレジットカードで割引があったりと検索サイトより安く航空券が手に入ることがある。

 

格安航空券のデメリット

そんな感じで紹介した格安、場合によっては激安の航空券・チケットだが、安いが故にデメリットもある。

安いに越したことはないと思うが、デメリットを理解して上手に使いたいところだ。

 

変更やキャンセルができないor変更料金が高い

LCC、フルキャリアに関わらず、セールでゲットした航空券は変更やキャンセルができないか有償のところが多い。

キャンペーンのチケットはその変更料金も高く設定されていることもあるので注意したいところ。

 

マイルが付かない、もしくはマイルが貯まりにくい

もちろんLCCにマイレージサービスがあることは稀だし、フルキャリアでもセールの航空券はマイルが通常の1/5などに設定されている場合が多い。

ヨーロッパまで行っても近隣のアジア諸国くらいの距離しかマイルが付かないことも。

 

LCCは荷物の重量制限があり、機内食やオプションは有料

LCCはセールなどに関わらず、荷物に重量やサイズの制限があり、預け荷物とともに超過するとかなり高くなる。

また、機内食や飲み物、機内エンターテインメントなどオプションで設定されていて、荷物などとともにオプションを追加すると通常の航空会社の料金と変わらない価格になってしまうこともある。

 

まとめ

まずはメルマガやSNSで普段から情報が入るようにしておいて、理想としては3、4ヶ月から旅行の計画をざっくりでいいから立てて、具体的な日程をスカイスキャナー検索してセールを含めてその中で安いチケットを探すのが良いだろう。

自分も含めて忙しいからベストなプライスを見つけるのは難しいかもしれないが、知っておいて損はないと思う。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。