oh! my ブログ

HPシェル構造の屋根がおもしろいフェリックス・キャンデラの「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂」

Pocket
LINEで送る

メキシコ国立自治大学(UNAM)のフェリックス・キャンデラ建築、宇宙線研究所を見た後に向かったのは彼の初期の作品である「ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂」だ。

メトロ3号線Miguel Ángel de Quevedo駅から徒歩5,6分の閑静な住宅街にあり、この教会含め大きな壁に取り囲まれているのでなかなか分かりづらい。

小さく開いた門を抜けると、教会を含め数棟の建物が敷地内にありどれも落ち着いたモダンな建築で良さそう。

この日はすごく晴れていて、敷地内にあるこの鉄の彫刻も輝いていた。

 

モダンでありながら土着的な雰囲気を持つ礼拝堂

敷地内を進むと礼拝堂が見えて来た。

モダンでありながら土着的な雰囲気のファサードで、HPシェルの緩やかなカーブを持つ屋根が特徴的だ。

正面から見ると両脇の高さが抑えられて三角形に見えて、十字架が真ん中にありシンメトリーなファサードになっている。

屋根がかかった渡り廊下で繋がった建物のファサードもおもしろい。

 

シンプルなHPシェル構造の屋根が豊かな空間を生む

HPシェル構造により大きくたわんだ天井がワンルームの空間にダイナミックな変化を加えている。

ステンドグラスから注ぐ柔らかい光によって生まれる陰影が天井によりグラデーションを描いていく、単純な空間ながらHPシェルの屋根により豊かな表情を作り出す。

抽象的な絵が描かれたステンドグラスの光はとても綺麗だ。

平面は単純な構成ながら自然なカタチで空間に溶け込み変化を作るHPシェルの天井は、神聖な静寂に少しの賑やかさを付加する。

それが非常に上品に思う。

祭壇の上には彫刻もモダンなマリア像が佇み神聖な気持ちにさせてくれる。

祭壇の前からエントランス方向を見るとHPシェルの屋根のカーブがよくわかる。

ヌエストラ・セニョーラ・デ・ソレダ礼拝堂 – Capilla San Jose del Altillo

電話 : +52 55 5659 6606
URL : http://mspsprovinciamexico.org/templo-de-san-jose-del-altillo/
住所 : Av. Universidad 1700, Santa Catarina Coyocan, Coyoacán, 04010 Ciudad de México, CDMX, Mexico

 

小振りな宇宙線研究所よりもしっかりとフェリックス・キャンデラの良さがわかる建築だった。

特に単純だが大きなHPシェルの屋根・天井があることでこんなにもダイナミックな建築になるのは驚きだ。

あと数個フェリックス・キャンデラの建築があるので見てまわったので次回も彼の建築を紹介。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。