oh! my ブログ

ヴィトラ・キャンパス内にあるザハ・ハディド設計の建築である元消防ステーションを再訪!

ヴィトラ・キャンパス自体もその中のザハ・ハディド設計の元消防ステーションも半年前にも訪れたが、今回も改めて見たら結構良かった。

ウィーンでザハ・ハディド設計のウィーン経済・経営大学を見たというのもあり、改めてじっくり見てみた。

 

流線型のデザインがいかにもザハ・ハディド建築

_mg_5308

いかにもザハ・ハディドの設計である流線型のデザインの建築は、アンビルドの女王と言われた彼女の作品として最初に実現された建築だ。

_mg_5329

流線型のデザインはよりヴォリュームをシャープに見せることにより、その印象を柔らかくしているようで思ったより大きい気がする。

_mg_5311

前回はヴィトラショウデポの工事中だったため、ファサードをあまり良く見られなかった。

 

平衡感覚が狂うような傾いた床や壁で構成された内部空間

_MG_1899

中に入るとおもしろいのは脱構築建築らしく、床壁天井と斜めになっている場所がほとんどで平衡感覚が狂う感じがする。

_MG_1904

確かにかっこいいがこれが消防ステーションだったとは機能としてどうなの(笑)

現在は消防ステーションとしては使われていなくて、普通にイベントスペースとして使われている。

_mg_5315

斜めになっていると同時に緩やかカーブを描く開口部がおもしろい。

_mg_5323

今回は2階も見学できた。

複雑にラインが混じり合い階段によって緩やかにスペースを区切っている。

_mg_5325

さっきとは反対側を見ると開口部が大きく明るいキッチンと食堂があり、テラスと繋がるようで気持ちがいい空間だ。

Vitra Fire Station (ヴィトラ・消防ステーション)

住所 : Müllheimer Str. 56, 79576 Weil am Rhein

 

前回半年前にも見学してはいたのだけど、今回はゆっくりと見学できたこともあって中々おもしろかった。

周囲も工事が終わっていたこともあり、開口部から外部との関係も理解できて改めて良かったと思う。

少なくともヴィトラ・キャンパスはオススメなのでこのザハ・ハディドの建築を含めて是非訪れて欲しい場所だ。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。