oh! my ブログ

2016.10.28

ユーレイルパスを使ってドイツの新幹線的な高速鉄道「ICE」の1等席に乗ったらなかなか快適だった!

デュッセルドルフまではベルリンからプラハ、ウィーン、ザルツブルク、ミュンヘンとユーレイルセレクトパスで移動した。

ウチのオカンも一緒だったこともあって、行き当たりばったり行き当たりばったり電車に乗るのも不安だったのでユーレイルパスで鉄道予約した。

 

最高時速は320kmの国際高速列車

img_0625

ドイツの高速鉄道「ICE」は最高時速は320kmで各都市を結んでいて、同じ車両でドイツ周辺の都市まで運行しているものもある。

 

ユーレイルパスで1等車両に乗れる

img_0629

今回、ドイツ、チェコオーストリアスイスのユーレイルセレクトパスを買ったんだけど、これでICEの1等車両にも追加料金なしで乗れる。

予約料金2~5€くらいだけ払えば、指定席を取れるので混雑時でも座ることができる。

騒音も少なくて静かで、座席は2-1の並びでゆったりとしていて、ガラスも大きくて眺めもいい。

2等車両は2-2の並びだが、シートは1等と然程かわらない。

img_0630

先頭車両にはこんなに見渡しがいい席もあって良さそう。

img_0628

こんな個室もあってグループ旅行で使う最適で楽しいだろう。

Wifiが付いている車両もあって長旅でも不便はしない。

 

食堂車もあるし、自分の席まで持って来てくれる

img_0627

食堂車や売店もあって長距離移動でお腹が空いても困らない。

さらに1等車両には、スタッフの人が定期的にオーダーを取りに来てくれるので自分の席でくつろぐことができる。

自分の荷物から目を離したくない海外旅行では安心できるサービスだ。

 

フランスのTGVやフランスオランダを結ぶタリスにも乗ったが「ICE」が一番車両が綺麗で良かった気がする。

特にユーレイルパスで1等車両に乗れたことがスゴく良かった。

ドイツは大きな都市が各地に散らばっているし、移動が多くなりそうだから「ICE」で1等席なら快適だと思う。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。