oh! my ブログ

デュッセルドルフの「メディエンハーフェン」はフランク・O・ゲーリーなどが集まる建築作品街だった!

Pocket
LINEで送る

_mg_4704

観光地的なものは少ないデュッセルドルフドルフだが、最近「メディエンハーフェン」という場所が注目され始めた。

ライン川の港だった地域がメディア地区として再開発された。

_mg_4703

デュッセルドルフのシンボルであるラインタワーの南側にあって、リバーサイド特有の雰囲気があり特に休日は多くの人で賑わっている。

 

フランク・O・ゲーリー設計の3つのビル「ノイアー・ツォルホーフ」

_mg_4707

メディエンハーフェンが有名になったのは、このフランク・O・ゲーリー設計の3つのビル「ノイアー・ツォルホーフ」が建ってからだろう。

_mg_4706

3つのビルは高さと外壁の素材が違い、フランク・O・ゲーリーの建築らしくグニャグニャとしたファサード。

_mg_4717

基本的にはオフィスビルなのでこんなグニャグニャで使いやすいのだろうか!?と思ったり。

_mg_4714

この日は曇りなのでオープンカフェでお茶って感じでもないので見るだけ(笑)

Neuer Zollhof(ノイアー・ツォルホーフ)

住所 : 40221 Düsseldorf

 

個性的な建築がいっぱい

_mg_4725

川を挟んでノイアー・ツォルホーフの向かい側にあるのはハイアットリージェンシーで特にメルセデスのSクラスとか高級車が止まってた。

_mg_4724

この地域はその辺にあるビルもおもしろいデザインだ。

_mg_4726

壁をよじ上るアートが特徴的なビルはリノベーションしてあって、1Fにはレストランが。

_mg_4728

反対側にも現代的なデザインのかっこいいビルが立ち並ぶ。

_mg_4731

倉庫など古い建物も何かしらコンバージョンされて、こんなキャンレバーで飛び出したヴォリュームがあって迫力ある建築になっている。

_mg_4730

デイヴィッド・チッパーフィールドのデザインのビルはカラフル。

_mg_4733

この日本にもありそうなビルは槇文彦氏によるデザイン。

MedienHafen(メディエンハーフェン)

 

フランク・O・ゲーリーの建築は新しい観光地を作り出すものとしてすごいなぁと思った。

ほとんどがオフィスビルなどになっているため、中に入れるのはカフェやレストランだけだが建築目的ならファサードだけでも楽しめると思う。

デュッセルドルフを訪れたら一度は行ってみるといいと思う。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。