oh! my ブログ

ジブリの宮崎駿監督もファン!ウィーンのガウディと言われる「フンデルトヴァッサー」の建築。

Pocket
LINEで送る

ウィーン市内観光も楽しんで、ウィーン建築・経営大学も見れたし大満足だった。

ついでにもう一つと思い、ウィーンからザルツブルクに向かう朝、早く起きてちょっとだけ外れにあるフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー設計の建築を見に行った。

img_0407

泊まっているアパートメントからトラムに乗って7,8分の距離なので駆け足で見に行く。

 

カラフルなアパートメント、フンデルトヴァッサーハウス

img_0386

中世の街並のウィーンの中に突然現れる鮮やかな色彩でどこかガウディのグエル公園のような印象の建築はフンデルトヴァッサー設計の公共住宅だ。

img_0390

残念ながら中には入れないが、周囲を歩くだけでもそのおもしろさがわかるだろう。

img_0442

どこかおとぎ話の絵本の中の建築に思えてくるデザインで楽しくなってくる。

Hundertwasserhaus(Hundertwasserhaus)

URL : http://www.hundertwasser-haus.info
住所 : Kegelgasse 36-38, 1030 Wien

 

フンデルトヴァッサーの美術館があるクンストハウスウィーン

img_0398

フンデルトヴァッサーハウスから歩いて5分くらい、こっちはフンデルトヴァッサーの美術館があるクンストハウスウィーンでもちろんフンデルトヴァッサー自身の設計。

建築家としてだけでなく芸術家としても活躍した彼の作品を鑑賞できる。

img_0401

周りの緑とも相性が良くて、こっちもおとぎ話のような雰囲気がありおもしろい。

朝が早かったので中には入らず外観だけ。

KUNST HAUS WIEN. Museum

営業時間 : 10:00~18:00
URL : http://www.kunsthauswien.com
電話 : +43-1-71204950
住所: Untere Weißgerberstraße 13, 1030 Wien

 

ウィーンのガウディと言われた「フンデルトヴァッサー」

img_0396

フンデルトヴァッサーはウィーンのガウディと言われ、ジブリの宮崎駿監督も彼の建築のファンなのだという。

彼の2つの作品の近くのストリートには、フンデルトヴァッサーをリスペクトして彼のデザインの柱が施してある場所が幾つかある。

 

フンデルトヴァッサーの建築は古都ウィーンの中ではかなり個性的だった。

どういった脈略で彼の建築が生まれてきたのか興味が沸く建築だ。

30分で駆け足で観てアパートメントに戻り、すぐにウィーン中央駅からザルツブルクに向かった。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。