oh! my ブログ

NHK「世界入りにくい居酒屋」にも登場した人気店「アウグスティナーケラー」で名物料理と音楽を愉しむ!

img_0304

プラハからICEで約3時間、オーストリアの首都で音楽の都と呼ばれる「ウィーン」にやって来た。

ウィーンのイメージとは異なり近代的なプラハ中央駅で降りて、そこからメトロで今晩の宿であるアパートメントのあるウィーンの中心部に。

もう晩御飯の時間になっているので夕食に出かけた。

 

NHK「世界入りにくい居酒屋」にも登場した「アウグスティナーケラー」

img_0314

NHK「世界入りにくい居酒屋」に登場した「アウグスティナーケラー」は、ウィーンに来たら是非行きたいと思っていたお店で、徒歩7,8分くらいのところにあったので行ってみた。

img_0315

本当に入りにくいエントランスのお店だ。

img_0319

結構な段数の階段を下って行くと洞窟のようなアーチ型の屋根の空間に出ると、そこがワインバーになっている。

秘密基地に入り込んだかのようでワクワクする空間だ。

 

1924年から営業する老舗人気店

9k-1

もともと修道院のワイン蔵だったところを1924年に改装してオープンしたので、かれこれ90年以上前から営業していることになる。

今風に言うとリノベーションだが、その歴史がすごいし、この天井が高くて柔らかく光を反射する空間は居心地がいい。

 

ウィーン、そしてこのお店の名物「ヴィーナーシュニッツェル」

img_0322

ウィーンの名物である「ヴィーナーシュニッツェル」は実はミラノから持ち込まれたミラノ風カツレツだ。

子牛肉や豚肉が使われていて、このお店には両方ある。

img_0323

付け合わせはリンゴをスライスしてマリネのようにしたもので美味しくて、肉料理と一緒に食べると良く合う気がする。

 

ウィーンらしく音楽が身近にあるお店

img_0328

NHK「世界入りにくい居酒屋」の番組通り、この2人がバイオリンとアコーディオンでお客さんを楽しませている。

日本の曲の「さくらさくら」を演奏してくれた。

結構日本人も来るんだろうか。

img_0325

バイオリンに10€が挟まっていたからチップは10€渡したんだけど、多分これは見せかけだ(笑)

Zwölf Apostelkeller (アウグスティナーケラー)

営業時間 : 11:00~0:00
URL : http://www.zwoelf-apostelkeller.at
電話 : +43 1 5126777
住所 : Sonnenfelsgasse 3, 1010 Wien

 

たまたま泊まったアパートメントが近かったので運が良かったと思った。

実際には入りにくいファサードだけれど、結構な有名店でガイドブックにも載っているので気軽に入ることができるお店だ。

ウィーンのおもしろさを味わうことができるので行って損はない。

10€出さなくてもいいし(笑)

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。