oh! my ブログ

オバマ大統領が広島訪問! 「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」被爆者と抱き合う。

アメリカの大統領として初めて被爆地を訪問

5月27日、伊勢志摩サミット後にアメリカのバラク・オバマ大統領は広島市の平和記念公園を訪れ、原爆死没者慰霊碑に献花し、被爆者と面会、広島と長崎を含む第二次世界大戦の犠牲者に哀悼の意を示すスピーチを行った。

オバマ大統領は原爆投下国アメリカの大統領として初めて、原爆が投下された広島を訪問。

スピーチの中では「核兵器のない世界を」とアメリカが牽引するべきであること、また「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべきだ」と述べた。

兼ねてから現職中に広島に来るのではないかと噂されていたけれど、オバマ大統領が広島に来たことは世界中に大きなインパクトを与えているようだ。

 

 

被爆者と握手、抱き合い話す

スピーチの後でオバマ大統領は日本原水爆被害者団体協議会の坪井直氏らと握手、被爆者の森重昭さんと抱き合う場面があった。

日本人、広島や長崎の人たち、さらに被爆者の方々ともなれば2009年のプラハ演説以上に意味があり、深いものだったのだろう。

 

確かに未だにアメリカは世界最大の軍事力を持って、軍産複合体という戦争することで経済を回しているような国だが、今回のオバマ大統領の広島訪問はほんの少しだが世界平和へ進む期待を抱かせてくれる出来事だった。

オバマ大統領の言う通り、勇気を持って「核保有国は、恐怖の論理から逃れるべき」なんだろうなぁと思った。

コメントを残す

2016-05-28 | Posted in 政治・経済・社会, ニュース |キーワード : No Comments »  | 129 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。