oh! my ブログ

建築ワンダーランド・スイス・バーゼル!有名建築の宝庫・バーゼルでユニークな建築作品を見て来た!

Pocket
LINEで送る

_MG_2066

スイス・バーゼルは「ヘルツォーク&ド・ムーロン」の建築以外にも数多くの現代建築が多い。

バーゼルSBB駅のペデストリアンデッキも天井の高さが場所によって変化していて心地よい場所だった。

_MG_1828

こっちは正面側のホール。

_MG_2065

ここからトラムで建築探訪に出発。

_MG_2038

トラムの形も色々。

 

マリオ・ボッタ設計の「UBS本社屋」

_MG_2043

日本では青山にあるワタリウム美術館の設計で有名なマリオ・ボッタの「UBS本社屋」。

ヴォリュームの作り方や開口の開け方などマリオ・ボッタらしいデザインだ。

Bank for International Settlements(Botta Building)

国際決済銀行(UBS本社屋)

URL : http://www.bis.org
住所 : Aeschenpl. 1, 4052 Basel, Switzerland

 

マリオ・ボッタ設計の「ジャン・ティンゲリー美術館」

_MG_2011

ライン川の川沿いに面した場所にある「ジャン・ティンゲリー美術館」もマリオ・ボッタの設計だ。

円筒型に組まれたトラスが特徴的で「UBS本社屋」同様にポストモダン時代の雰囲気がある建築だ。

噴水の中にある動くアート作品が印象的で美術館とアート、周囲の公園が調和して心地よい場所になっていた。

Museum Tinguely

ティンゲリー美術館

URL : http://www.tinguely.ch
営業時間 : 11:00~18:00
休館日 : 月曜日
住所 : Paul Sacher-Anlage, Basel, Switzerland

 

レンゾ・ピアノ設計の「バイエラー財団美術館」

_MG_1830

トラムに乗って少し郊外のリーヘンという地域に進む。

_MG_2027

日本では銀座のエルメスの設計などで知られる建築家、レンゾ・ピアノの「バイエラー財団美術館」があって、この薄い屋根なんかはレンゾ・ピアノっぽいデザインが施されていると思う。

_MG_2030

この日は閉まっていたので中には入れず、ロールカーテンも閉まっていたので中の様子を全く伺うことができずちょっと残念。

_MG_2031

この時期の企画展。

Fondation Beyeler

バイエラー財団美術館

URL : http://www.fondationbeyeler.ch
開館時間 : 10:00~18:00
住所 : Baselstrasse 101, 4125 Basel, Switzerland

 

おもしろい現代建築がいっぱい

_MG_2039

これは先ほどのマリオ・ボッタ建築の「UBS」の本館の建物らしい。

高くてしかも金色なので目立つ。

_MG_2051

ヘルツォーク&ド・ムーロン設計のシャラウガー・ローレンツ財団美術館の近くでみつけたこの建築は集合住宅のようなのだが、中々の存在感があった。

_MG_2053

そのとなりのビルもなかなかかわいい。

 

ここに色々上げたんだけど、街を普通に歩いてみたり、トラムに乗ってみたりしているといくらでもおもしろそうな建築がいっぱいあった。

きっと街中がそういった現代建築の文化に寛容なんだと思う。

建築に興味のある人はもちろんだが、一般の人とかでも十分楽しめそうだからバーゼルを次の旅行先に入れてみてはどうだろう!?

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

2016-04-25 | Posted in 建築・都市, スイス |キーワード : No Comments »  | 799 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。