oh! my ブログ

小さい路地の連続性と街中に広がる水路が美しい!憧れの街・水の都「ヴェネチア」を訪れる。

IMG_8591

またまたカタール航空を利用して、今度はイタリアにやってきた。

昨日の夜にミラノに着いて昼前にミラノ・セントラル駅を出発して水の都「ヴェネチア」に到着。

学生の頃にヴェネチアン・ガラスの職人をしていた友人がイタリアやヴェネチアのことを色々と語ってくれて、自分にとってはすごく憧れの街の一つだった。

だから駅を出て実際水路が広がる駅前の風景を見ただけでちょっと感動した。

 

駅を出ると車も自転車もない

IMG_8597

国鉄サンタ・ルチア駅を出ると徒歩以外は船しかない。

_MG_1117

観光地らしく大きい通りはすごく賑やか。

_MG_1116

お土産屋さんではヴェネチアらしくヴェネチアンマスクが売られていて、どれも綺麗で怪しげ。

_MG_1160

車がいないから道幅が奇妙なスケール感な気がする。

_MG_1138

唐突に広場が現れて広場周辺は教会やバール、カフェなどが多い。

 

大小の水路が連なる風景が美しい

_MG_1103

水上バスが通る大きな運河の他に大小様々な水路が街というか島中に連なっている。

どこを見ても水路やその向こう側に見える景色が新鮮に見える。

_MG_1119

幅が狭い水路はヴェネツィア名物のゴンドラが走っている。

_MG_1121

水路にかかる橋や脇道も独特な雰囲気で多分ヴェネチアでしか見られない風景だろう。

_MG_1127

ゴンドラの他にも地元の人たちは小さいボートとかで移動しているみたい。

_MG_1133

色々なところから水路が連なっていてどこへ続いているのかは僕らにはわからない。

すごく狭いところをゴンドラが行き交う様は本当に絵になる。

_MG_1166

水路越しに橋から橋を見るのもいい雰囲気。

_MG_1169

この辺はいかにも地元の人が使っている雰囲気。

 

移動は水上バス(ヴァポレット)

_MG_1175

徒歩以外は運河をヴァポレット (Vaporetto)と呼ばれる水上バスで移動する。

_MG_1179

こういう形の水上バスもある。

_MG_1210

ちなみにヴェネチアといったらこのゴンドラというイメージがあるけれど、一回乗るのに80€と高価だから少人数で利用するには厳しい。

他にも水上タクシーっていうのもあるけどやっぱり高い。

_MG_1200

水上バスで移動するとヴェネチアの町並を徒歩とは違った形で見えて楽しい。

_MG_1215

海側に出ると開けてまた違った風景が現れてきて綺麗。

_MG_1217

国鉄サンタ・ルチア駅からサン・マルコ広場行きにのったのだけど十分楽しめた。

 

小さい路地の連続していて迷ことが楽しい

_MG_1321

水上バスに乗りたかったから1回だけ利用したけれど、ヴェネチアは大きな街ではないし、歩いて行ける範囲に行きたい場所があるから基本的には徒歩で移動した。

_MG_1327

そして、小さい路地が入り組んで建物も同じような感じのものばかりだから迷う。

ただ、大体の方向さえ合っていれば着くし、迷って路地をさまようこと自体がすごく楽しかった。

上の写真はいつの間にか地元の人が集まるようなバールが立ち並ぶところで、結構安くワインが飲めた。

_MG_1334

暗くなってからも明かりを便りに歩いていると美味しそうに見えるお店がいっぱいあった。

_MG_1348

路地を歩いていると急に広場に出たりとこの空間体験はバルセロナの旧市街以上に面白かった。

 

夜の風景も綺麗

_MG_1355

ヴェネチアは夜でも治安がいいから結構出歩く楽しい。

少し大きめな通りには市場のように出店があってお土産物や食料品を売っていた。

_MG_1356

泊まっていたホテルの近くのピッゼリアはヴェネツィアにしては高くないので滞在中何度か足を運んだ。

_MG_1101

マルゲリータは5€、基本的にピッツァは何を食べても美味しかった。

_MG_1354

_MG_1350

水路沿いに明かりが灯り始めると幻想的。

 

憧れだった街・水の都「ヴェネチア」は水路と路地の空間体験が期待以上に印象的だった。

ゴンドラに乗るのがかなり高額だったり、どこに行っても観光客価格だったこと意外はヴェネツィアの街にいるだけで楽しい感じだ。

コメントを残す

2016-04-12 | Posted in 建築・都市, イタリア |キーワード : No Comments »  | 515 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。