oh! my ブログ

美術館や博物館、スポーツ施設が集まる「モンジュイックの丘」はバルセロナ市民の憩いの場だった。

Pocket
LINEで送る

サグラダ・ファミリアを観に行った後、午後はノープランだったから去年も来たんだけど「モンジュイックの丘」に行ってみた。

「モンジュイックの丘」は1929年に万国博覧会が開かれ、1992年にはオリンピックのメイン会場にもなったこともありスポーツ施設が多くある。

さらに緑地ととも美術館や博物館も多く点在していてて、バルセロナ市民の憩いの場となっている。

 

緑がいっぱいで気持ちいい

_MG_9403

基本的には緑地帯がほとんどの面積を占めているため涼しく感じるし、空気も綺麗に感じる。

_MG_9404

暖かいバルセロナも少しだけ紅葉が見られた。

IMG_7832

バルセロナの街が一望できるこの場所から、ケーブルカーに乗って景色を眺めながらポルトベイの近くまで行くことができる。

 

画家ミロの作品を500点以上も所蔵する「ミロ美術館」

IMG_7836

「ミロ美術館」は画家ミロの作品を500点以上も所蔵し、スケッチや素画などを含めると1万点近くある。

Fundació Joan Miró

ミロ美術館

営業時間 : 10:00~19:00 / 木曜日~21:00 / 日曜日~14:30
休館日 : 月曜日
URL : http://www.fmirobcn.org/
住所 : Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona, Spain

 

磯崎新氏が設計した「パラウ・サン・ジョルディ」

IMG_7838

バルセロナオリンピックのときに磯崎新氏が設計した「パラウ・サン・ジョルディ」はバレーボールのメイン会場だった。

Palau Sant Jordi

パラウ・サン・ジョルディ

住所 : Passeig Olímpic, 5-7, 08038 Barcelona, Spain

 

シンボリックな「トーラ・ダ・クムニカシオンス・ダ・ムンジュイック」

IMG_7840

「サン・ジョルディ・スポーツ館」の隣にそびえるのはバルセロナオリンピックのときにテレビの報道用のアンテナとして建てられ、スペイン人建築家のサンティアゴ・カラトラバによって設計された。

モンジュイックの丘のシンボルのよう。

 

中世から近代美術まで所蔵する「カタルーニャ美術館」

_MG_9405

万国博覧会の際に建てられた建物を1934年に改装して美術館に再利用された「カタルーニャ美術館」は中世から近代美術まで多くのコレクションを所蔵する美術館だ。

_MG_9407

カタルーニャ美術館のまわりには美術館に入るでもなく、ブラブラしているカップルや家族連れが多く思い思いに過ごしている。

Museu Nacional d’Art de Catalunya

カタルーニャ美術館

開館時間 : 10:00~20:00 / 日曜日~15:00
休館日 : 月曜日
URL : http://www.museunacional.cat/
住所 : Palau Nacional, Parc de Montjuïc, s/n, 08038 Barcelona, Spain

 

ミース・ファン・デル・ローエ設計の「バルセロナ・パビリオン」

IMG_8617

今年は行かなかったけど去年訪れたミース・ファン・デル・ローエ設計の「バルセロナ・パビリオン」もここモンジュイックの丘にある。

去年の記事はコチラ→『近代建築3大巨匠のひとり、ミース・ファン・デル・ローエのバルセロナ万博「バルセロナ・パビリオン」を見学。

 

磯崎新氏が改装の設計を担当した「カイシャ フォルム」

IMG_8633

これも去年の写真だけど、もとのモデルニスモ建築に磯崎新氏が改装の設計を担当した「カイシャ フォルム」。

 

Montjuic

モンジュイックの丘

 

_MG_9408

去年は磯崎新氏設計のパラウ・サン・ジョルディが敷地の外まで工事中だったから、今回は近くで見られてたし、バスなどではなくて歩いてモンジュイックの丘を回ったので雰囲気を感じられて良かった。

でもまだ、モンジュイックの丘で建物の中まで見たのはミース・ファン・デル・ローエ設計の「バルセロナ・パビリオン」とオリンピックスタジアムだけなので、次回はミロ美術館やカタルーニャ美術館もじっくり見てみたいと思う。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。