oh! my ブログ

ル・コルビュジエ後期の代表作「ラ・トゥーレット修道院」はダイナミックなモダニズムを感じさせる建築だった。

フランス、リヨンからTERの各駅停車で30分くらい、すごく小さなラルブレル(L’Arbresle)の駅に向かう。

_MG_9041

この日はリヨンから遠出して、観たかったル・コルビュジエの「ラ・トゥーレット修道院」を観に行った。

_MG_9024

ラルブレル駅を降りて坂を昇り続けること約30分、朝もやの中に「ラ・トゥーレット修道院」が見えてきた。

_MG_9027

もう少しだけ丘を登った先にある。

 

自然と人工の対比が美しい

_MG_9030

斜面に対してヴォリュームは柱で持ち上げられていて自然である斜面と人工である矩形が対比されている。

IMG_7178

巨大なヴォリュームだが周りの風景と比べて見ると圧迫感はなく、逆に両方のバランスが整っている。

IMG_7179

近くによるとヴォリュームに迫力がある。

IMG_7183

支えている柱は矩形でマルセイユのユニテなどとは違って華奢な感じ。

IMG_7186

中央部には柱が独特な形をしているものもあるが全体的には華奢な柱が数多く設置している感じ。

IMG_7187

IMG_7189

食堂などのエリアは少し現代でもありそうなデザインだ。

 

不思議な人工と神の対比

IMG_7191

こういう立方体と曲線を使った不定形な形の組み合わせはインド、チャンディーガルの「立法議会議事堂」などと共通するところが多い気がする。

IMG_7168

この中は礼拝堂などがあるらしく、反対側と違って採光はトップライトからのようで他に窓などはなくヴォリュームがより巨大に感じる。

_MG_9035

ブログを書いていて気付いたが、これも宿泊棟と礼拝堂を人工と神秘のような対比させているように感じさせるデザインじゃないかと思った。

_MG_9037

エントランスはここなんだけど、この季節は宿泊しないと中に入れないんだそう。

 

複雑でバラバラな構成がいい!

IMG_7196

中庭には通路やアトリウムがあってそれがスロープだったりするところが直線的な建築にアクセントが加えている。

IMG_7197

ピロティと中庭を見る。

複雑でバラバラなようなのだけれども繋がりがある。

IMG_7199

スロープ状の通路は開口部のデザインがいい感じ。

_MG_9029

開口部の割付は場所によって違っていてそれも面白い。

_MG_9039

この建築と周囲が対比されて面白い。

 

Couvent de la Tourette

ラ・トゥーレット修道院

URL : http://couventdelatourette.fr
住所 : Route de la Tourette, 69210 Éveux, France

 

ロンシャンの礼拝堂と並びル・コルビュジエ後期の代表作だが、ロンシャンとも違ってインドのチャンディーガルやアーメダバードの彼の建築と共通するデザインも感じられて面白い。

それまでのモダニズムや明らかにサヴォア邸などの白の時代とも違ってより建築の力強さのようなものを感じることができた。

それに、朝方訪れたのが良かったのか、空気が澄んで朝もやの中に立ち表れる姿はなんとも言えない迫力だったし、周辺環境も良くてより落ち着いた雰囲気の建築になっていた。

今回は内部空間を見られなかったのは残念だったが、外観だけでも十分に面白かったが、次回は宿泊した上でじっくりと見たいと思う。

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。