oh! my ブログ

フランス・パリ郊外、ル・コルビュジエのモダニズム住宅「サヴォア邸」はやっぱり20世紀の最高傑作だった!

Pocket
LINEで送る

フランス・パリに来て「ルイ・ヴィトン財団美術館」や「ポンピドゥー・センター」、ジャン・ヌーベルの建築を観て来たけど、本当はル・コルビュジエの建築を観るために来たわけだ。

晴れたら行こうと思ってたら中々晴れずに三日も経ってしまったので、天気は運任せで観に行くことにした。

まずは、絶対に見たいと思っていたモダニズム住宅の傑作「サヴォア邸」に行って来た。

写真いっぱい撮ったから、テキストよりも写真多めで記事アップ。

 

「サヴォア邸」への行き方

「サヴォア邸」はパリの郊外に位置するため東京都心から立川とか行くような感じかな。

RERのA線の「Poissy(ポワシー)」駅が最寄りの駅でそこからバスで行く。

IMG_6198

50番のバス停から乗車して15分程で「Villa Savoye」(わかりやすい!)に到着する。

IMG_6200

バス停の先には「サヴォア邸」の入り口があって看板があるからすぐ分かる。

 

郊外の緑の中に白い「サヴォア邸」が浮かび上がる

IMG_6205

生憎の曇り空ですが、念願の「サヴォア邸」にやっと来た!

説明もいらないと思うが、近代建築の五原則を具現化した住宅だ。

近代建築の五原則とは、

  • ピロティ
  • 屋上庭園
  • 自由な平面
  • 横長の窓
  • 自由なファサード

 

周囲から自由なファサードを見る

IMG_6266

まずは周囲からファサードを観る。

_MG_8797

水平連続窓が四方に向かって素直に設置されている。

IMG_6207

水平連続窓を見る。

_MG_8822

雑誌によくあるカット。

_MG_8823

さっきとは反対側から、屋上庭園の曲面の壁とピロティがよりコルビュジエ建築らしさを感じられる。

_MG_8803

四方どこでも正も裏もないようなファサードだった。

 

ピロティを歩くのが楽しい

_MG_8801

自由な平面はこのピロティにおいて車が周りやすいようになっている。

IMG_6212

建具が黒で塗られているから白い箱に映える。

IMG_6215

エントランスで入場料を払って見学。

IMG_6214

螺旋状の階段と奥はトイレと事務所。

IMG_6218

本来はガレージの場所はシトロエンのプロトタイプの展示をしてた。

 

スロープでの垂直移動で景色が変わる

IMG_6217

エントランス正面からスロープが始まる。

IMG_6219

明るさのコントラストが出てくる。

IMG_6239

屋上のスロープへ続いている。

IMG_6240

このスロープを歩くのがすごく面白い。

ル・コルビュジエはサヴォア邸でスロープによって連続的なシークエンスを作り、「建築的プロムナード」を実現したとのことだが、本当にその通りだなと思わせる。

水平連続窓がある分、徐々に水平移動している意識になるし、建築内の風景がめまぐるしく移り変わる様が楽しい。

 

自由な平面が空間を豊かに

IMG_6220

エントランスの上部にあたる場所。

IMG_6250

写真ではごちゃごちゃに見えるけれどここを歩くのは風景がめまぐるしく変わる様が楽しい。

_MG_8820

廊下で暗くなりそうな場所にはトップライトと壁を色で塗る工夫で突き当たりのような場所がないように計画されている。

IMG_6222

テラスに面したサロンのような空間。

IMG_6252

建築の外とは切り離し、テラスとは一体に見せるように設計されている。

IMG_6226

水平連続窓とテラスに面した大開口が明るく且つそれぞれの風景をより良く見せている。

IMG_6225

サロンからテラス方向を見る。

_MG_8805

キッチンのような小さいスペースだと水平連続窓から見える外の景色が壁紙にでもなったようにインパクトがある。

IMG_6234

自由な平面の通り、白い箱の中に色々な部屋が配置されている。

IMG_6248

スロープだけでなく各部屋を回遊していても変化があって面白い。

IMG_6244

窓の外はテラスの樹木と向こう側のサロンが見えていい感じ。

IMG_6247

よく雑誌とかにも載っている浴室。

IMG_6249

どことなくコルビュジエの寝椅子と同じフォルムフォルムがある。

自由な平面って言っても自由すぎるだろって感じです(笑)

 

建築と同化した屋上庭園

IMG_6237

自由な平面であるから屋上庭園もヒエラルキーがなく、周囲も外部空間の外にまた外部があるような感じになって面白い。

IMG_6238

水平ラインが多い中にこういうスロープの斜めのラインが出てくる感じは現代のコールハースやベルナード・チュミに通じるところがあるかも。

IMG_6241

屋上の曲面壁は自由な平面を表すとともに、唐突に表れる曲線がコルビュジエらしさを感じさせる。

IMG_6242

夏とかに来た方が樹木が綺麗なのかな!?

 

今回はインドのコルビュジエ建築とは異なり、「白の時代」と言われた建築の一つ「サヴォア邸」に行ってきたが、インドのそれと違ってまた面白かった。

本当は先に「白の時代」の建築を見てからインドに行くべきなんだろうけどね(笑)

とにかく、「サヴォア邸」は建築の中を歩き回ることによって「建築的プロムナード」を体現できる良い建築だった。

パリに来たらちょっと遠出すれば行ける場所にあるから、建築にあまり関わらない人でも是非見て欲しいと思う。

 

Villa Savoye

サヴォア邸

URL : http://monuments-nationaux.fr
営業時間 : 10:00~17:00
休館日 : 月曜日
住所 : 82 Rue de Villiers、78300 Poissy, France

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

2015-10-25 | Posted in 建築・都市, フランス |キーワード : No Comments »  | 668 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。