oh! my ブログ

アントニ・ガウディの作品群。地中海をイメージした直線がない有機的なデザイン「カサ・ミラ」を訪ねる。

Pocket
LINEで送る

イビサ島からバルセロナに戻ってきた。

アントニ・ガウディの作品を見るためにスペインに来たので、まずは「カサ・ミラ」から訪ねる。

 

地中海をイメージして作られたファサード

ファサードが特徴的な「カサ・ミラ」だけど、訪れたときは残念ながら外観を工事中…

IMG_7695※写真は2015年に訪れたときのもの

本当はこんなファサード。

直線がない有機的なデザインでファサードもインテリアも作られている。

鉄製の手摺りは海藻をモチーフにしているんだとか。

「カサ・ミラ」はカタルーニャ広場からそう遠くなく、グラシア通りに至って普通に佇んでいる。

今でも居住している部屋もあるし、グラシア通りに面したところには店舗も入っていて現役で使われている。

チケット売り場は観光客の長蛇の列だったけど、先にチケット買ってあったからスムーズに中に入れた。

IMG_8395

中に入ると中庭に通される。

中庭の外観も綺麗。

IMG_8397

洞窟のようなアパートメントの入り口。

洞窟のような壁と天井が一体になったデザイン。

門も有機的なデザイン。

多分、スタッフや居住者、店舗で働く人達はこっちから入るっぽい。

 

特徴的な形の塔が立ち並ぶ屋上へ

中庭を通り抜けてエレベーターで一気に屋上へ向かう。

IMG_8399

有機的なデザインの煙突が立ち並んでいる。

IMG_8404

IMG_8408

非常階段の入った塔はタイル張りになっている。

他にも一つ一つデザインが異なっている。

IMG_8415

顔のような形をした塔は煙突、階段室だったり、何かのバックヤードだったり。

IMG_8412

IMG_8414

庇が外壁と一体になっていてかわいい感じ。

IMG_8406

近くにある目立つファサードの伊東豊雄氏設計のスイーツアベニューホテルが見える。

IMG_8417

遠くには「サグラダ・ファミリア」や「トラ・アグバル」が見える。

 

アーチ型の柱梁で覆われた展示室

IMG_8420

アーチが大きくなったり小さくなったりしているのは上の屋上の起伏によるものだ。

IMG_8419

大きなカサ・ミラの模型やスライド、写真などがある。

 

居住スペースも当時の形で展示してある

IMG_8433

壁と天井の取り合いはアールにしてある。

建具の枠は植物をイメージしているのかも。

IMG_8435

IMG_8436

IMG_8438

IMG_8439

実業家の邸宅として作られた「カサ・ミラ」だが、シャンデリアや絵画があるこの部屋はその施主の部屋だろうか。

 

外観工事中はがっかりだったけど、ファサード以外にも内観も見応えがあって期待以上だった!

バルセロナに行ったら誰でも観にいくとは思うけど本当オススメ!

 

カサ・ミラ

チケット予約 : https://www.lapedrera.com/en/buy-your-ticket

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

2014-10-20 | Posted in 建築・都市, 旅行, スペイン |キーワード : No Comments »  | 303 views

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。