oh! my ブログ

マドリードで現代建築巡り。ジャン・ヌーベル建築、ヘルツォーク&ド・ムーロン建築を訪ねる!

Pocket
LINEで送る

ビルバオからバスで約5時間、スペインの首都マドリードへ。

ALSA BUS

ネットで予約してあったALSAのバス。

IMG_3481

マドリードのバスターミナル着いたら、スリやひったくりが多いと噂のメトロで移動。

IMG_8140

アトーチャ駅へ。

アトーチャ駅内部Photo by Hugh Llewelyn.

中はこんな感じで、新駅舎はホセ・ラファエル・モネオが設計。

Atocha Renfe

 

ジャン・ヌーベル設計の「ソフィア王立芸術センター」

アトーチャ駅からほど近い場所に「ソフィア王立芸術センター」がある。

IMG_8121

18世紀にイタリアの建築家フランチェスコ・サバティーニが設計したした病院を2005年にジャン・ヌーベル設計でリノベーション、南側に増設された新館を設計した。

IMG_8122

ソフィア王立芸術センター前の広場にはスタバやバル、レストランがある。

けど、寄付を募る詐欺師っぽい人もいるから注意。

ソフィア王立芸術センター新館

南側に増設された新館。

本館の方は写真があまり取れない箇所が多かったので新館をメインに。

IMG_8112

大屋根の下にはガラス張りの図書館やレストランが並び、大きな広場がある。

IMG_8108

最上階から下を見ると結構高くて、高いところが苦手な自分にはちょっと怖い(笑)

IMG_8107

キャノピー下にも外部空間があってベンチがある。

IMG_8109

もちろん美術作品も。

 

ピカソの代表作「ゲルニカ」を所蔵

gerunika

ピカソの代表作「ゲルニカ」はプラド美術館別館から移設され常設展示されている。

また、ピカソの他の作品やサルバドール・ダリ、ジョアン・ミロといった有名画家の作品も多く展示している。

 

中庭にも彫刻がいっぱい

IMG_8116

ソフィア王立芸術センターの本館自体が「口の字」にできているので広い中庭がある。

IMG_8120

この日はあまり天気が良くなかったけど、晴れていたら気持ちよさそう。

 

ソフィア王立芸術センター

 

ヘルツォーク&ド・ムーロン設計の「カイシャ・フォーラム」

アトーチャ駅から プラド通りを少し歩くとスペインの大手銀行、la Caixaの財団が運営するギャラリー、「カイシャ・フォーラム」がある。

カイシャ・フォーラムのファサード

スイスの建築家、「ヘルツォーク&ド・ムーロン (Herzog & de Meuron)」が設計。

IMG_8125

垂直庭園の外壁は手入れ中らしい…もう秋だからしょうがないか…

IMG_8131

正面から見ると建物全体が浮いているような浮遊感があって、ピロティ部分の柱代わりになるコアが鏡面仕上げしてある。

IMG_3483

ピロティの天井はポリゴン状になっている。

IMG_3482

水が流れている。

IMG_3484

2Fのレセプションに向かう階段の周りもポリゴン状になっていてどこか横浜の大桟橋みたい。

展示室は基本的に撮影禁止なのでクロークに荷物を全部預けるように言われた。

IMG_3487

4階のカフェ・レストランもオシャレ。

IMG_3486

写真撮りたいがために注文。

美味いけど高いからその辺のバルの方が良さそう。

 

CaixaForum Madrid

 

いかがでしたか?

アトーチャ駅から近いので分かりやすい場所にあるから時間がなくてもフラッと寄ってくるだけでもいいと思いますし、ソフィア王立芸術センターは特に展示内容の量も質もあるのでじっくり観るのもオススメです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

関連記事

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。